ホーム >> 政策・仕事  >> 河川トップ  >> 統計・調査結果  >> 河川

河川局



マーク北上川  歴史を育む みず街道 悠久の流れ北上川
 北上川は、岩手県北部の岩手町御堂にその源を発し、東側の北上高地と西側の奥羽山脈から流れ下る大小いくつもの支川を合わせ、岩手県のほぼ中央を北から南へ縦断しています。一関市下流の狭窄部を経て宮城県に入ると、宮城県津山町柳津地先で旧北上川と分かれます。この地点から北上川は東へ流れて追波湾に、旧北上川はそのまま南下して石巻湾へ注いでいます。途中の支川を合流させると流域面積10,150km2、流路延長249kmの東北最大の河川です。

盛岡市を流れる北上川
盛岡市を流れる北上川

河川概要
水系名北上川水系
河川名北上川
幹川流路延長249km
流域面積10,150km2
流域内人口138.9万人
流域関係都県岩手県、宮城県

北上川流域図
○拡大図
1.北上川の歴史
2.地域の中の北上川
3.北上川の自然環境
4.北上川の主な災害


地図に戻る  一覧に戻る


Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111