ホーム >> 政策・仕事  >> 河川トップ  >> 統計・調査結果  >> 河川

河川局



マーク利根川  首都圏を支える日本の大河 「坂東太郎」
 利根川は、群馬県の大水上山(標高1,840m)に源を発し、幾つもの川と合流したり、分派 したりしたのち千葉県銚子市で太平洋に注ぐ我が国を代表する大河川です。幹川の流路延長は322kmあり、水源から河口までの支川を含めた流路延長は約6,700kmになります。流域は東京都、群馬県、千葉県、茨城県、栃木県、埼玉県の1都5県にまたがり、流域面積は16,840km2におよび我が国最大の河川です。

埼玉県北埼玉郡大利根町で渡良瀬川と合流する利根川
埼玉県北埼玉郡大利根町で渡良瀬川と合流する利根川

河川概要
水系名利根川水系
河川名利根川
幹川流路延長322km
流域面積16,840km2
流域内人口約12,140,000人
流域関係都県茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都

利根川流域図
○拡大図
1.利根川の歴史
2.地域の中の利根川
3.利根川の自然環境
4.利根川の主な災害
5.その他(利根川と静御前)
6.その他(川名のルーツ)


地図に戻る  一覧に戻る


Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111