ホーム >> 政策・仕事  >> 河川トップ  >> 統計・調査結果  >> 河川

河川局



マーク阿賀野川  日本一の穀倉地帯を潤す阿賀野川
 阿賀野川は、栃木県藤原町と福島県岩館村の境にある荒海山にその源を発し、山間部から会津盆地に入り、猪苗代湖から流下する日橋川等の支川や阿賀野川水系最大の支川である只見川を合わせて、新潟県に入ります。以後五泉市馬下より新潟平野に出て、新潟市松浜において日本海に注ぐ、流域面積7,710km2、流路延長210kmの河川です。

河口から上流を望む
河口から上流を望む

河川概要
水系名阿賀野川水系
河川名阿賀野川
幹川流路延長

210km(阿賀野川水系全体)
87km(阿賀野川)

流域面積

7,710km2(阿賀野川水系全体)
1,660km2(阿賀野川)

流域内人口

約59万人(阿賀野川水系全体)
約29万人(阿賀野川)

流域関係都県

新潟県、福島県、群馬県
(阿賀野川水系全体)
新潟県(阿賀野川)


阿賀野川流域図
○拡大図
1.阿賀野川の歴史
2.地域の中の阿賀野川
3.阿賀野川の自然環境
4.阿賀野川の主な災害


地図に戻る  一覧に戻る


Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111