ホーム >> 政策・仕事  >> 河川トップ  >> 統計・調査結果  >> 河川

河川局



マーク信濃川  越後平野を潤す日本最長の美しき大河
 信濃川は、長野・新潟県境で「千曲川」から「信濃川」と名を変え新潟県に入り、中津川、清津川及び谷川岳に源を発する魚野川と合流して越後平野を潤しつつ、大河津分水路ならびに関屋分水路を分派して日本海に注ぎます。流路延長は水系全体で367kmと日本で最も長い河川です。水系全体の流域面積は新潟県の面積とほぼ等しい11,900km2で、利根川、石狩川に次いで第3位となっています。

新潟県長岡市上空より信濃川(越後平野)を望む
新潟県長岡市上空より信濃川(越後平野)を望む

河川概要
水系名信濃川水系
河川名信濃川
幹川流路延長

367km(信濃川水系全体)
94km(信濃川)

流域面積

11,900km2(信濃川川水系全体)
3,320km2(信濃川)

流域内人口

約290万人(信濃川水系全体)
約45万人(信濃川)

流域関係都県

新潟県、長野県、群馬県
(信濃川水系全体)
新潟県、群馬県(信濃川)


信濃川流域図
○拡大図
1.信濃川の歴史
2.地域の中の信濃川
3.信濃川の自然環境
4.信濃川の主な災害
5.その他


地図に戻る  一覧に戻る


Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111