ホーム >> 政策・仕事  >> 河川トップ  >> 統計・調査結果  >> 河川

河川局



マーク梯川  歴史と文化、自然豊かな梯川
 梯川は、白山山系大日山連峰の鈴ヶ岳(標高1,174m)に源を発し、大杉谷と通称される山間部を北流して能美・江沼丘陵に入り、東より郷谷川、滓上川、仏大寺川を合流しながら流れを西に転じて平野部に入り、北から鍋谷川、八丁川が合流、河口近くで木場潟から流れ出る前川が南より合流して、「勧進帳」で名高い安宅の関近くで日本海に注ぐ、流域面積271km2、幹川流路延長42kmの河川です。

小松市内を貫流する梯川
小松市内を貫流する梯川

河川概要
水系名梯川水系
河川名梯川
幹川流路延長42km
流域面積 271km2
流域内人口 約16万人
流域関係都県石川県

梯川流域図
○拡大図
1.梯川の歴史
2.地域の中の梯川
3.梯川の自然環境
4.梯川の主な災害


地図に戻る  一覧に戻る


Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111