道路

ETC2.0

経路情報を活用したサービス(導入予定)

賢い経路選択で目的地まで円滑なドライブが可能に

大都市部では環状道路の整備に伴って、経路選択の幅が飛躍的に増加。経路情報を収集・蓄積可能な 「ETC2.0」とITSスポットにより、渋滞、事故等の状況に応じて賢く経路選択を行うドライバーに対する優遇措置が可能 となります。このことは将来、道路ネットワーク全体の有効活用につながります。

「ETC2.0」による賢い経路選択(イメージ)

image
環状道路のネットワークにより、都心への到達パターン数は飛躍的に増加

image

ETC2.0の経路データで物流の効率化等を支援します

「ETC2.0」により走行経路や急ブレーキや急ハンドルの情報を物流業者へ提供し、運行や配送の管理などを支援します。 また、特殊車両・大型車両の走行経路などを把握して、道路ネットワークの賢い利用も促進します。

大型車両走行経路把握のイメージ
image

※経路情報を活用したサービスをご利用頂くためには再セットアップが必要です。



料金収受システムから運転支援システムへ>> 情報提供サービス | 経路情報を活用したサービス | 広がる民間サービス

ページの先頭に戻る