道路

 道の駅案内

 
これからの道の駅
「道の駅」は、道路利用者の休憩、情報提供、地域連携の場として、制度発足から20年、全国各地に広がり、現在1000を超える施設が登録されています。
売上高は大手コンビニチェーン並の規模となっていますが、それが売りではありません。
当初は、通過する道路利用者へのサービスが中心でしたが、近年は、農業・観光・福祉・防災・文化など、地域の個性、魅力を活かした様々な取組みがなされていま す。
これからは「地域の拠点機能の強化」と「ネットワーク化」を重視し、「道の駅」自体が目的地となるよう育てていきます。
「道の駅」は「開かれたプラットフォーム」であるという特長を活かし、関係省庁など様々な主体とも連携して、様々な施策を展開していきます。

ページの先頭に戻る