道路

緊急輸送道路

緊急輸送道路とは

災害直後から、避難・救助をはじめ、物資供給等の応急活動のために、緊急車両の通行を確保すべき重要な路線で、高速自動車国道や一般国道及びこれらを連絡する幹線的な道路。(約10万km)

利用特性による区分

  1. 第1次緊急輸送道路ネットワーク
      >県庁所在地、地方中心都市及び重要港湾、空港等を連絡する道路
  2. 第2次緊急輸送道路ネットワーク
      >第1次緊急輸送道路と市町村役場、主要な防災拠点(行政機関、公共機関、主要駅、港湾、ヘリポート、災害医療拠点、自衛隊等)を連絡する道路
  3. 第3次緊急輸送道路ネットワーク
      >その他の道路
image

ページの先頭に戻る