道路

社会実験とは

目的

社会実験は、地域におけるにぎわいの創出、まちづくりまたは道路交通の安全の確保等に資するため、社会的に影響を与える可能性のある道路施策の導入に先立って、関係行政機関、地域住民等の参加のもと、場所や期間を限定して当該施策を試行・評価し、もって新たな施策の展開と円滑に事業を執行することを目的とするものです。


社会実験の流れ

国土交通省道路局の社会実験の取り組み

国土交通省道路局では、道路に対する価値観やニーズの多様化、生活環境に対する意識の高まりに伴い、
幅広い意見を採り入れながら施策の導入を考えていくために、平成11年度より社会実験を実施しています。


これまでは主に

  • 歩行空間を拡大すること等により車優先の道路から歩行者や自転車優先の道路への再構築を図る実験
  • オープンカフェ等の道路空間の多目的利用を図る実験
  • パーク&ライド等を用いた公共交通機関の利用促進を図る実験
  • 路上や路外での荷捌き空間創出や駐車場への誘導により車両の駐車の効率化を図る実験
  • 通り名位置番号方式による道案内を図る実験

などの取り組みを行ってきました。

自転車走行空間を創出した実験(愛媛県松山市)
観光地におけるパーク&ライドの実験(岐阜県白川村)

高速道路の料金引き下げに関する社会実験についてはこちら

道路局の公募による社会実験の進め方

道路局の公募による社会実験の進め方



Get ADOBE READER

別ウィンドウで開きます

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る