道路

インターネットでの情報提供と民間事業者の利用計画の受付

民間事業者が情報BOXを利用することにより、各社が個別に道路での占用工事を行うことが回避されれば、通行規制や渋滞が減少するなど道路利用者への影響が少なくなります。また、道路管理者が整備する時期と民間事業者の整備時期が一致する場合には、同時施工を行うことも可能 となり、一層効果が高まります。

このような観点から、民間事業者の情報BOXの利用促進が望まれ、情報BOXの利用意向のある民間事業者が、情報BOXの整備状況、整備計画の情報を容易に把握できるよう、12月1日よりインターネットでの情報提供を開始することと致しました。

また、情報BOXの利用意向のある民間事業者から利用計画の受付を開始し、施工時期が合う場合には道路管理用光ファイバーと民間事業者の光ファイバーの同時施工にも努めることとしています。



ページの先頭に戻る