道路

近畿圏の新たな高速道路料金について


【近畿圏の高速道路料金について】

 近畿圏の高速道路の料金については、社会資本整備審議会 道路分科会 国土幹線道路部会の
「近畿圏の高速道路を賢く使うための料金体系 基本方針(案)」(平成28年9月)を踏まえ、
 平成28年12月に「近畿圏の新たな高速道路料金に関する具体方針(案)」を発表したところです。
 今後、当面現行料金を継続した上で、一部の路線を除き、平成29年6月3日(土)より新たな
料金を導入する予定です。
 ※南阪奈有料道路、南阪奈道路、堺泉北有料道路、阪神高速京都線については、移管等に合わせて
   新たな料金を導入予定
 ・近畿圏の新たな高速道路料金について(2017月3月31日)
 ・近畿圏の新たな高速道路料金に関する具体方針(案) (2016年12月16日)
   
 ・近畿圏の新たな高速道路料金の具体案 (2016年12月26日)
   西日本高速道路(株)
   阪神高速道路(株)
   (独)日本高速道路保有・債務返済機構

■ (※)関係自治体等からの提案
 ・新たな高速道路料金に関する提案(阪神圏の高速道路を賢く使う料金体系) (2016年12月1日 大阪府、兵庫県、大阪市、堺市、神戸市)
    
■ 審議会での議論等
 ・国土幹線道路部会「近畿圏の高速道路を賢く使うための料金体系 基本方針(案)」 (2016年9月13日)
 ・国土幹線道路部会「近畿圏の高速道路を賢く使うための料金体系 基本方針」 (2016年12月16日)

ページの先頭に戻る