道路

重要物流道路

平常時・災害時を問わない安定的な輸送を確保するため、国土交通大臣が物流上重要な道路輸送網を「重要物流道路」として路線を指定し、機能強化や重点支援を実施します。
また、重要物流道路の代替・補完路をあわせて指定し、重要物流道路や代替補完路については、災害時の道路啓開・災害復旧を国が代行することが可能となります。

重要物流道路等の指定(2019.4.1)

  • 重要物流道路は別表1の通り指定します。 別表1(PDF形式)PDF形式別表1(Excel形式)Excel形式
  • 代替・補完路は別表2の通り指定します。 別表2(PDF形式)PDF形式別表2(Excel形式)Excel形式
  • 指定延長 延長表(PDF形式)PDF形式

位置図

北海道(PDF形式)PDF形式
北海道詳細図(PDF形式)PDF形式
北海道
(苫小牧港、室蘭港、函館港、小樽港、釧路港、留萌港、稚内港、十勝港、石狩湾新港、紋別港、網走港、根室港)
東北(PDF形式)PDF形式
東北詳細図(PDF形式)PDF形式
青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
(青森港、八戸港、むつ小川原港、宮古港、釜石港、大船渡港、久慈港、仙台塩釜港、秋田港、船川港、能代港、酒田港、小名浜港、相馬港)
関東(PDF形式)PDF形式 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野
北陸(PDF形式)PDF形式
北陸詳細図(PDF形式)PDF形式
新潟、富山、石川
(新潟港、伏木富山港、直江津港、七尾港、金沢港)
中部(PDF形式)PDF形式
中部詳細図(PDF形式)PDF形式
岐阜、静岡、愛知、三重
(田子の浦港、清水港、御前崎港、三河港、衣浦港、名古屋港、四日市港、津松阪港、尾鷲港)
近畿(PDF形式)PDF形式
近畿詳細図(PDF形式)PDF形式
福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
(敦賀港、舞鶴港、大阪港、堺泉北港、阪南港、神戸港、姫路港、尼崎西宮芦屋港、東播磨港、和歌山下津港、日高港)
中国(PDF形式)PDF形式
中国詳細図(PDF形式)PDF形式
鳥取、島根、岡山、広島、山口
(鳥取港、境港、浜田港、三隅港、水島港、宇野港、岡山港、広島港、尾道糸崎港、呉港、福山港、徳山下松港、下関港、宇部港、岩国港、三田尻中関港、小野田港)
四国(PDF形式)PDF形式
四国詳細図(PDF形式)PDF形式
徳島、香川、愛媛、高知
(徳島小松島港、橘港、高松港、坂出港、今治港、松山港、新居浜港、宇和島港、東予港、三島川之江港、高知港、須崎港、宿毛湾港)
九州(PDF形式)PDF形式 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄(PDF形式)PDF形式
沖縄詳細図(PDF形式)PDF形式
沖縄
(運天港、那覇校、金城港、中城港)

※位置図の詳細(港湾周辺等)図については、順次、公表する予定です。

※一部記載に誤りがあったため、変更しております。(2019年7月10日更新)

国際海上コンテナ車(40ft背高)特殊車両通行許可不要区間

平成30年3月に「重要物流道路制度」が創設され、重要物流道路に係る特別の構造基準が規定されたことにより、国際海上コンテナを運搬するセミトレーラ連結車が特別の許可なく道路を通行することができる環境が整いつつある。

このため、道路管理者が道路構造等の観点から支障がないと認めて指定した区間に限定して、道路を通行する車両の制限値を引き上げることにより、一定の要件を満たす国際海上コンテナ車(40ft背高)の特殊車両通行許可を不要とする。

国際海上コンテナ車(40ft背高)特殊車両通行許可不要区間(2019.7.31~)

位置図

北海道(PDF形式)PDF形式 北海道
東北(PDF形式)PDF形式 青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島
関東(PDF形式)PDF形式 茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨、長野
北陸(PDF形式)PDF形式 新潟、富山、石川
中部(PDF形式)PDF形式 岐阜、静岡、愛知、三重
近畿(PDF形式)PDF形式 福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
中国(PDF形式)PDF形式 鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国(PDF形式)PDF形式 徳島、香川、愛媛、高知
九州(PDF形式)PDF形式 福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄(PDF形式)PDF形式 沖縄

重要物流道路における交通アセスメント

幹線道路沿いの渋滞対策について、商業施設等の沿道立地による渋滞が、全国の主要渋滞箇所の約1割を占めており、道路周辺の土地利用に起因する渋滞の抑制や安全性を確保するためには、立地前の計画段階から立地後の追加対策に至るまで、交通アセスメントの考え方を踏まえた取組を強化する必要があります。

特に、重要物流道路においては、より一層の円滑な交通の確保が求められることから、重要物流道路における交通アセスメントの確実な実施及び渋滞対策協議の合理化・効率化を図るべく、道路管理者としての対応方針を示すガイドラインを策定しました。

大都市圏環状道路の整備

環状道路は、スムーズな交通を実現し、機能が低下した都市構造の再編を促していきます。

環状道路には、都心部への流入抑制、交通分散、周辺地位間の移動、迂回路など多様な機能があります。

人口や産業が集積する東京都市圏では、3環状の整備を進めています。

世界の大都市では、都市問題の解決、都市機能の向上、国際競争力の強化のため、環状道路を重点的に整備。

ページの先頭に戻る