道路

沿道環境の改善

施策の概要

長年、環境基準を達成していない地域等を中心に、沿道環境の早期改善を図るため、バイパス整備や交差点改良等のボトルネック対策や遮音壁の設置等を推進します。

<大気質対策例:ボトルネック対策(交差点の立体化)>

1

交差点を先頭に渋滞

2

走行速度の向上によりNOx,SPMの排出量が低減

3

〈NOx排出量と平均速度の関係〉

4

〈SPM排出量と平均速度の関係〉


<騒音対策例:遮音壁、低騒音舗装>

5
対策メニュー 内容 低減量
低騒音舗装 主にタイヤ発生音が低減される 約3dB程度
遮音壁 音の遮蔽による減衰 約10dB程度

ページの先頭に戻る