ホーム >> 政策・仕事  >> 総合政策  >> バリアフリー  >> 安心して子育てができる環境整備のあり方に関する調査研究について

バリアフリー

安心して子育てができる環境整備のあり方に関する調査研究について

  国土交通省では、安心して子育てができる環境整備のあり方に関する調査研究を実施し、乳幼児連れの外出時のニーズ把握や施設整備の実態把握等の調査を踏まえ、報告書をとりまとめました。
  これからの少子化対策の一つとして、次の時代を担う子どもを安全で安心して育てることのできる生活環境整備が求められています。また、そうした生活環境整備の中でも衣食住に次ぐ重要性を有する移動や施設利用について、ユニバーサル社会の実現に向け、「妊産婦」及び「乳幼児連れ」を対象とした外出環境の整備、いわゆる「子育てバリアフリー」が求められています。
  安心して子育てができる環境整備に向けた様々な取り組みのうち、国土交通省の施策として取り組むべき課題や方向性について概括的な整理を行った上で、子育てバリアフリーの現状、ニーズ、課題等を明らかにするとともに、有効な施設整備のグッドプラクティス等を紹介しています。

●お問い合わせ先

国土交通省総合政策局安心生活政策課  
 TEL (03)5253‐8111 (内線25-506)  直通 (03)5253‐8305  FAX (03)5253‐1552