地域づくり情報局 メールマガジン
 VOL.17 | 2007.2.20

 今年は例年に比べ、春の訪れが早いとか……。梅は咲きほころび、厚めのコートはもう重たいとさえ感じる今日このごろ。春の香りを含んだ風、そして厳しさの和らいだ日差しは、私たちをさわやかな気分にさせてくれますね。
 さて、今回紹介する「まごの店」は、高校生たちが運営するレストランです。未来への希望、情熱にあふれた高校生たちの活動は、春の訪れに負けないくらいにさわやか。私たちに心地よい感動を与えてくれます。

 ◆情報をお待ちしています
 このメールマガジンは、地域づくり情報局−Repis-の最新情報や、地域づくりの最新ニュース、また地域活性化のために活躍しているキーパーソンの声を交えながら、毎回、興味あるフレッシュな情報をお届けするものです。
 皆さんにとって役に立つ地域づくりのヒントを満載しながら配信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
⇒  info@chiiki-joho.net


キーバーソンに聞く第16回 ほたるの里

 地域づくりの活性化のポイントはどこに? 今回は、平成18年度の「手作り郷土賞(地域整備部門)」を受賞した「まごの店」オープンへの立役者である三重県・多気町役場企画調整課の岸川政之さん、そして実際に運営に関わる相可高校食物調理科の船谷光成君にお話を伺いました。

― 町の財産は、農産物と高校生たち ― 
 三重県のほぼ中央に位置し、農業を中心に栄えた多気町ですが、同町ならではの特色づくりは大きな課題でした。そこで多気町役場に勤める岸川政之さんは、まずは主産業である農業の活性化からと、土着菌の培養や生ゴミを利用した堆肥づくり(のちに多気有機農業研究会として組織化)などに農家の方々と取り組んでいました。
 伊勢いもや柿、みかんなど農産物は豊富、でもPRが足りない。そこで試食会も兼ねたイベントを開催しました。その席で岸川さんは驚いたそうです。
 「試食用の料理を地元相可高校食物調理科の生徒たちにお願いしたところ、レベルの高い料理がずらり!もちろんイベントは大成功。私は一瞬で彼らのファンになったんです」

― おばあちゃんの店とまごの店 ― 
 高校生や彼らを指導する先生の姿に心を動かされた岸川さんは、彼らのパワーと農作物で町おこしができると確信。地元の農産物を使い高校生が運営するレストランをつくったら、町おこしにつながるだけでなく、若い世代を応援することにもなる。行政も支援を惜しみませんでした。
 店舗建設地に選ばれたのは、五桂池(ごかつらいけ)ふるさと村です。当時人口わずか1万人ほどの同町にありながら年間35万人もの来場者があり、敷地内にある農産物直売所「おばあちゃんの店」での売り上げも安定していました。ですが、民間施設で高校生が店を持つという前例のない試みは、すぐには承諾されません。そこで高校生たちは、夏休みにふるさと村でアルバイトをしながら熱意をアピール。その頑張りが評価され、平成14年10月には「おばあちゃんの店」の前に、うどんや田楽を販売する屋台「まご(=孫)の店」が誕生しました。

― 全国初、高校生主体のレストラン ― 
 さまざまな料理コンクールでの優勝者も多く、生徒たちの腕は確か。評判もいい。もっと本格的な料理にもチャレンジさせたいと、平成17年に現在の店舗「まごの店」オープンに踏み切りました。平成15年6月に「目指せスペシャリスト事業」(文部科学省)の指定校に選ばれたことも追い風となり、地域が一丸となったのです。
 またこの店は、「料理人を目指す高校生たちの夢を、建築家を目指す高校生が形にする」をテーマに県内の建築学科に通う高校生による設計コンペを開催し、最優秀作品を建設したもの。オープンキッチンにし、頑張る高校生たちの姿をお客様にも見てもらえるようにしました。より多くの人に利用してほしいと、店内はすべてバリアフリーです。

まごの店の外観。壁には地元の小学生たちが描いた壁画が彩る
営業日にはお客様がひっきりなし。ランチだけで200〜250食ほど出るそう
まごの店の外観。壁には地元の小学生たちが描いた壁画が彩る
営業日にはお客様がひっきりなし。ランチだけで200〜250食ほど出るそう

 さらに、店の営業から材料の仕入れ、コスト管理まですべて高校生が行います。食材はなるべく「おばあちゃんの店」から仕入れ、店から出た生ゴミは多気有機農業研究会に引き取ってもらい堆肥化。その堆肥を利用しながら、農家は農作物を育てる……と、地域循環への配慮もなされています。

多気有機農業研究会のメンバー。まごの店を影で支える
多気有機農業研究会のメンバー。まごの店を影で支える

 ― 地域と高校生が共に未来を歩む ― 
  料理の味だけでなく、高校生らしいきびきびとした接客態度が評判を呼び、授業のない土・日・祝日、春夏冬休みなどをを中心とした営業日には、お客様が絶えません。運営に関わる3学年60人ほどの高校生たちはほとんど休みなしなしで活動しています。部長の船谷光成君に話を聞きました。
 「店を任せてもらえて嬉しい。普通の高校生ではできないことを体験させてもらって、やりがいがありますが、とにかく寝る暇もないくらいハードです。でも、ニコニコ帰って行くお客様の笑顔を見ると、自分たちまで嬉しい気分になりますね」
 未来を夢見て頑張る彼らの姿に、地域の未来を重ねた同町。相乗効果で活性化されていった町には、今日もさわやかな風が吹いています。

※豊富なメニューなど「まごの店」の情報がHPで見られます。
http://jr2uat.net/mago/mago.htm
※五桂池ふるさと村
http://www.furusatomura.taki.mie.jp/



施策を知れば役に立つ!  

【今回の施策】
「地域活性化総合相談窓口」は、
    地域に役立つアドバイスを受けられる便利な相談窓口だ!

【この施策のポイント】
 各地域で活性化に向けた取り組みが盛んに行われています。成功事例も多く存在している一方で、意欲はあるものの、情報やノウハウなどの不足により十分な成果が出せず、悩んでいる地域が多いのも現状です。
 そこで、関係府省庁が連携し、政府一体となって、地域のニーズ、悩みに応じた相談を受け付ける利便性の高いワンストップ相談窓口が設けられました。
 相談窓口では相談内容を踏まえ、関連する地域活性化施策や取組事例の紹介などが受けられます。個別制度についての具体的な相談などは、所管府省庁が紹介されます。  

【誰にとって役立つの?】
 地域活性化に取り組んではいるが、成果が出ないと感じている皆さま
 また、今以上に成果を出したいと今後の方向性を模索中の皆さま

【どう使えばいいの?】
 ・地域活性化を図りたいがどのようにしたらよいのか。
 ・地域活性化の取組事例としてどのようなものがあるのか。  
 ・地域活性化に向け、国の施策を活用したいがどのようなものがあるのか。
 ・国の……分野の施策に関心があるがどのようにしたらよいのか。
のような、地域活性化に関する相談ができます。

---便利なポイント------------
(1)相談は、総合相談窓口で一括して受け付けられています。
(2)関係省庁が連携しているので、様々な分野の相談ができます。
(3)相談は、来訪、Eメール、郵送、FAXにより受け付けられています。

詳しくは、こちらのホームページから
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tosisaisei/soudanform/index.html
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiikisaisei/osirase/070126/070126.pdf

 
 
地域づくり情報局 更新情報

 このコーナーでは随時更新される、地域づくり情報局の中から、毎月おすすめの情報をお知らせします。気になる記事を見つけたら今すぐ記事の下のURLをクリックしてください。

 【地域づくり記者発表】

毎週更新 地域づくり関連記者発表
毎日発表される各省庁からの記者発表。地域づくりの関係するもの、しないもの。
全てをチェックするのは至難の業です。地域づくり情報局では、全ての省庁の記者発表の内、地域づくりに関係する発表のみを抜き出して毎週掲載します。
   これは便利です!!
    最新の記者発表はこちら
 

【メールマガジン】

バックナンバーは図書館で

本メールマガジンのバンクナンバー第16号までが『メールマガジン』に登録されています。
  バックナンバーはこちら


◆◆情報をお待ちしています ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆
地域づくり情報局では、地域づくりの最新情報をお待ちしています。
「こんな面白い事例がある」「あの事例を見たい」など、情報にあわせて ご意見・ご感想もお待ちしております。
    info@chiiki-joho.net

 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
本メールが正しく表示されない・受信できない方へ  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
本メールマガジンは、HTML形式のメールです。内容に画像を含みます。
画像が「正しく表示されない」「受信できない」場合はお手数ですが
⇒ info@chiiki-joho.net
までお知らせください。テキスト版のメールマガジンを送付させていただきます。

◆ 停止・変更について
このメールは国土交通省の地域づくり担当者の紹介者及びホームページからの申込みいただいた方にお送りしております。
心当たりのない、または配信を希望されない方は下記メールアドレスにご連絡ください。
また本メールを配信停止する場合・配信先アドレスの変更も下記メールアドレスにご連絡ください。
※このメールが届いている宛先アドレスをあわせてご連絡ください。
停止・変更はこちら⇒  info@chiiki-joho.net

地域づくり情報局メールマガジン 【Vol.17】
国土交通省 総合政策局 事業総括調整官室
事業調整第二係 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3
TEL 03-5253-8111 (内線24524) / FAX 03-5253-1551
e-mail inoue-k2z8@mlit.go.jp