リサイクル:建設リサイクル推進計画 - 国土交通省

リサイクル

建設リサイクル推進施策 建設発生木材対策

千葉県における建設発生木材リサイクル促進行動計画の策定

 建設発生木材は、建設リサイクル法の特定建設資材廃棄物に位置付けられていますが、その再資源化率は平成14年度で61%にとどまっており、同じく特定建設資材廃棄物であるコンクリート塊の98%、アスファルト・コンクリート塊の99%に比較すると低く、リサイクルの一層の推進が求められています。
 また、建設発生木材の不適正処理が全国各地で顕在化しており、平成15年8月には不適正に堆積された木材チップが自然発火したことによる火災が千葉県内で発生するなど、その問題はますます深刻となっており、対策を喫緊に行うことが求められています。
 このような状況を踏まえ、排出事業者、処理業者及び行政等で構成する「関東地方建設副産物再利用方策等連絡協議会 建設発生木材のリサイクル推進方策等に関する連絡部会 千葉WG」は、今般「千葉県における建設発生木材リサイクル促進行動計画」を策定しました。


促進行動計画の策定について

 記者発表資料 (PDF 9,608KB)
 千葉県における建設発生木材リサイクル促進行動計画(平成17年10月)本文
 (PDF 809KB)
 建設発生木材のリサイクル推進方策等に関する連絡部会 千葉WG名簿
 (PDF 98KB)
 参考資料1〜16 (PDF 782KB)


 

Adobe Readerを入手 PDFファイルを開くためには無料のAdobe Readerが必要です。
こちらから入手できます。

▲ページトップへ

ページの先頭に戻る