再評価の概要

再評価の概要

 
再評価対象事業
  • 事業採択後一定期間(直轄事業等は3年間、補助事業等は5年間)が経過した時点で未着工の事業
  • 事業採択後長期間(5年間)経過した時点で継続中の事業
  • 再評価実施後一定期間(直轄事業等は3年間。補助事業等は5年間)経過している事業  等
再評価の視点
  • 事業の必要性等
    • 事業を巡る社会経済情勢等の変化
    • 事業の投資効果(費用対効果分析の原則実施)
    • 事業の進捗状況
  • 事業の進捗の見込み
  • コスト縮減や代替案立案等の可能性
事業評価監視委員会
  • 大学教授、経済界、法曹界等で構成
    (地方整備局においては8~12名程度)
  • 地方整備局、独立行政法人、地方公共団体等ごとに設置
  • 事業評価監視委員会による意見具申
  • 審議の公開等により透明性を確保
  • 事業評価監視委員会の意見の尊重

  • 「継続」又は「中止」等
  • 評価結果、対応方針の決定理由等を公表

ページの先頭に戻る