国土交通省「技術調査関係」
国土交通省ホーム
トップページ 技術研究開発 技術管理 公共事業の評価 コスト構造改善 入札・契約 環境 情報技術 積算基準等
ホーム > 情報技術 > 電気通信関係 > 「新電気通信技術ビジョン」について
「新電気通信技術ビジョン」について
 国土交通省では、河川・道路の管理や災害対応のため、様々な電気通信施設を整備・運用しています。技術革新、進展が著しい電気・通信・情報分野について、新たな技術の活用に積極的に取り組み、国民の安全・安心を確保しつつ、防災・減災や社会資本の維持管理・更新、環境・エネルギー対策といった各種課題に、対応することが必要となっています。
 これらの課題に対応するため、電気通信技術の今後の方向性について、学識者・有識者の方々からご助言を頂きつつ、第三期国土交通省技術基本計画に基づきビジョンの検討を進め、平成26年度から30年度までの5年間を計画期間とする「新電気通信技術ビジョン」を策定しました。今後、本ビジョンに基づき、国土交通省の電気通信分野に関する技術開発、調査・検討及び技術の適用・普及を推進して参ります。


資料
1.新電気通信技術ビジョン(平成26年度〜平成30年度)
 
新電気通信技術ビジョン【本文】
新電気通信技術ビジョン【概要】
  (1)平成26年度
 
新電気通信技術ビジョン −進捗状況(概要)−
  (2)平成27年度
 
新電気通信技術ビジョン −進捗状況(概要)−
2.電気通信技術ビジョン(平成21年度〜平成25年度)
 
電気通信技術ビジョン【本文】
電気通信技術ビジョン【概要】






ペー ジの先頭へ
Copyright(C)MLIT Japan. All Rights Reserved.
サイトマップ