技術調査

第20回国土技術開発賞

国土技術開発賞とは

 安全で効率的な暮らしが快適に行える国土の創造は、少子高齢化時代における国際競争力の確保やより良い国土環境の継承といった観点からわが国の最重要課題であり、住宅・社会資本の整備を通じて、社会の本来的要求である「安全に安心して暮らせる国土」、「人・もの・情報が効率的に通いあえる国土」、「心豊かに暮らせる快適で美しい国土」の形成を目指すことが必要となります。

 そのためには、これまで培われ、住宅・社会資本整備を支えてきた建設技術の活用を図ることはもちろん、新たな課題に対応した新技術の研究開発と活用が重要となり、特に新技術の研究開発に当たっては、産学官民の関係する技術者がそれぞれの立場で積極的に技術開発が行える環境を整備することが必要となります。

 住宅・社会資本に係わる各分野の新技術は、新たな国土の創造を下支えするものであり、社会に果たす役割並びに期待が極めて大きいことから、今後とも新たな技術開発の積極的な推進が不可欠であります。

 本「国土技術開発賞」は、建設産業におけるハードな技術のみならず、ソフトな技術も含めた広範な新技術を対象として表彰するものであり、技術開発者に対する研究開発意欲の高揚並びに建設技術水準の向上を図ることを目的として行うものです。

受賞技術

最優秀賞

■受賞技術名称:ICTの活用による生産性向上を図る維持管理システム

□副題:スマートインフラマネジメントシステムi - DREAMs

  • 応募者:首都高速道路(株)/首都高技術(株)
  • 技術開発者:土橋浩(首都高速道路(株))、安中智(首都高技術(株))、八﨑弘昌((一財)首都高速道路技術センター)
  • 受賞技術の概要:http://www.jice.or.jp/award/detail/220

優秀賞

■受賞技術名称:ワイヤロープ式防護柵

 

■受賞技術名称:大型風車組立リフトアップ工法

□副題:ウインドリフト

 

■受賞技術名称:ケーソン自動制御据付システム

□副題:函ナビ-Auto

入賞

■受賞技術名称:床埋設式降下型避難機器

□副題:品名「UDエスケープ」

 

■受賞技術名称:アーク矢板土留めとジャケットを一体化した横桟橋工法

□副題:プレファブ部材による急速施工、土留構造の経済性向上

  • 応募者:JFEエンジニアリング(株)
  • 技術開発者:田中祐人(JFEエンジニアリング(株))、菅野高弘 ((国研)海上・港湾・航空技術研究所)、塩崎禎郎(JFEスチール(株))
  • 受賞技術の概要:http://www.jice.or.jp/award/detail/225
 

■受賞技術名称:非構造面材取付け工法

□副題:T-Flex Wallsystem

創意開発技術賞

■受賞技術名称:小型貝殻ブロックによる生物生息空間の創出

□副題:貝殻を活用した生き物の棲める環境回復技術

 

■受賞技術名称:既設落石防護擁壁のソイルセメント等による補強工法

□副題:ソイルバンパー

  • 応募者:(株)構研エンジニアリング
  • 技術開発者:牛渡裕二、鈴木健太郎((株)構研エンジニアリング)
  • 受賞技術の概要:http://www.jice.or.jp/award/detail/228
 



※詳細や過去の受賞技術については一般財団法人 国土技術研究センター(JICE)のHPをご参照ください。
 http://www.jice.or.jp/review/awards

お問い合わせ先

国土交通省大臣官房技術調査課渡邉、石田、松村
電話 :03-5253-8111(内線22343、22346、22384)
直通 :03-5253-8125
ファックス :03-5253-1536

ページの先頭に戻る