街路・連立・新交通

まちづくりと連携した駐車場施策ガイドライン

まちづくりと連携した駐車場施策ガイドライン(基本編)

 モータリゼーションの進展に伴って、路上駐車が大きな社会問題となって以来、駐車場の整備が進められ、今では約500万台の駐車場が供用されています。一方で、近年、自動車の保有台数は、約8,000万台とほぼ横ばいとなっています。
 その結果、地方都市を中心に、稼働率の低い駐車場の発生、過剰な駐車場がまちの面積の多くを占め、まちの賑わいも失われる地域が見られるなど、駐車場施策も転換期を迎えています。
 そこで、本ガイドラインでは、
  ・ まちなかに賑わいを呼び、歩行者が中心のまちづくりを進めるため、駐車場の量や場所、配置の適正化を図っていくための方策
  ・ 駐車場の有用性を検証するとともに、有用性の低い駐車場について土地利用転換や、土地の利活用を促進するための方策
  ・ これら駐車場の適正化に資する様々な仕組み、荷さばき・自動二輪等への対応
等、まちづくりと連携した駐車場施策を総合的に取りまとめました。

「まちづくりと連携した駐車場施策ガイドライン(基本編)概要」(PDFファイル)
「まちづくりと連携した駐車場施策ガイドライン(基本編)」(PDFファイル)

ページの先頭に戻る