都市交通調査・都市計画調査

都市計画基礎調査

 都市計画基礎調査は、都市計画法に基づき、都市現況及び将来の見通しを定期的に把握するための調査です。
本調査は、調査結果のデータやその変化の把握・蓄積にとどまらず、立地適正化計画の作成や事業実施等各種まちづくりの施策の各過程において、客観的・定量的な評価・分析などに活用することが重要です。
 収集されたデータを基に調書、位置図、建物利用現況図が作成され、GISにも活用されています。