景観

屋外広告物条例ガイドライン(案)

 屋外広告物条例ガイドライン(案)とは

 屋外広告物法は、屋外広告物行政における規制の基準を定めた法律であり、実際の屋外広告物規制は、地方公共団体(都道府県、政令市、中核市、景観行政団体である政令市及び中核市以外の市町村)が屋外広告物法に基づく条例、規則等を定めて独自に行っています。
 「屋外広告物条例ガイドライン(案)」は、屋外広告物法に基づく制度の的確な運用を支援していく趣旨から、地方公共団体の参考に供するため、屋外広告物法の運用に関する技術的助言として地方公共団体に送付されているものです。

 ・「屋外広告物条例ガイドライン(案)」 [PDF:577KB]
 ・「モデル条例別添様式第一(受領証)」 [PDF:8KB]
 ・「業登録規則参考資料(案)」 [PDF:17KB]
 ・「別記様式第一号(第二条関係)」 [PDF:12KB]
 ・「別記様式第二号(第三条関係)」 [PDF:5KB]
 ・「別記様式第三号(第三条関係)」 [PDF:11KB]
 ・「別記様式第四号(第四条関係)」 [PDF:9KB]
 ・「別記様式第五号(第五条関係)」 [PDF:9KB]
 ・「別記様式第六号(第六条関係)」 [PDF:5KB]
 ・「別記様式第六号の二(第六条関係)」 [PDF:5KB]
 ・「別記様式第八号(第八条関係)」 [PDF:11KB]
 ・「別記様式第九号(第九条関係)」 [PDF:9KB]
 (最終改正:平成29年3月23日)

○ 政令指定都市・中核市は景観法の施行に伴って、自動的に景観行政団体となりました。
○ その他の市町村は都道府県と協議し、景観行政団体となることができます。
○ 上記以外の地域は都道府県が景観行政団体になります。

ページの先頭に戻る