country-flag

中国

基礎情報

基本事項

国・地域名

中華人民共和国 (People's Republic of China)

面積

約960万km²

人口

約13.90億人

首都

北京

民族

漢民族(総人口の約91.5%)及び55の少数民族

言語

漢語(中国語)

宗教

仏教・イスラム教・キリスト教など

出典

外務省「各国・地域情勢 中国 基礎データ」(2018年12月28日)

政治体制

政体

人民民主共和制

元首

国家主席

議会

全国人民代表大会

出典

外務省「各国・地域情勢 中国 基礎データ」(2018年12月28日)

経済

主要産業

第一次産業(名目GDPの8.6%),第二次産業(同39.8%),第三次産業(同51.6%)

(注)労働集約・外需主導型産業がけん引する「世界の工場」として第二次産業を中心に発展してきたが,2012年に第三次産業の比率が第二次産業の比率を逆転。

名目GDP(10億米ドル)

11,182(2015年)、 11,218 (2016年)、n.a.(2017年)

一人当りGDP(米ドル)

8,141(2015年)、8,113(2016年)、n.a.(2017年)(米ドル)

経済成長率(%)

6.9(2015年)、6.7(2016年)、6.9(2017年)、6.6(2018年)

物価上昇率(%)

1.4(2015年)、2.0(2016年)、1.6(2017年)、2.1(2018年)

貿易額(100万米ドル)

〔輸出〕

2,276,574(2015年)、2,097,444(2016年)、2,263,522(2017年)、2,487,401(2018年)

〔輸入〕

1,682,070(2015年)、1,587,481(2016年)、1,840,982(2017年)、2,135,637(2018年)

主要貿易品目

〔輸出〕

機械類及び輸送用機器類,軽工業生産品・ゴム製品・鉱物精錬品 等

〔輸入〕

機械類及び輸送用機器類,鉱物性燃料・潤滑油,化学工業生産品 等

貿易相手国

〔輸出〕

米国,EU,香港,ASEAN,日本

〔輸入〕

EU,ASEAN,韓国,米国,日本

対日貿易(100米万ドル)

〔輸出〕

135,671(2015年)、129,245(2016年)、137,324(2017年)、147,083(2018年)

〔輸入〕

142,987(2015年)、145,555(2016年)、165,653(2017年)、180,580(2018年)

主要対日貿易品目

〔日本の主要輸出品目〕

電気機器およびその部分品(25.6%)
原子炉、ボイラーおよび機械類(20.9%)
鉄道用および軌道用以外の車両(10.0%)
光学機器、写真用機器、映画用機器、測定機器、検査機器、精密機器および医療用機器(9.6%)
プラスチックおよびその製品(5.9%)

〔日本の主要輸入品目〕

電気機器およびその部分品(28.4%)
原子炉、ボイラーおよび機械類(17.4%)
衣類および衣類附属品(メリヤス編み、またはクロセ編みのものに限る)(5.2%)
衣類および衣類附属品(メリヤス編み、またはクロセ編みのものを除く)(5.0%)
玩具、遊戯用具及び運動用具(3.1%)

(2017年、財務省貿易統計)

日本からの直接投資(億米ドル)

16,054(2015年)、14,294(2016年)、14,548(2017年)

※実行ベース

通貨

人民元

為替レート

1米ドル=約6.9元(2016年)

在留邦人

124,162人(2017年10月1日現在)(香港・マカオを含む)(外務省)

日系企業数

32,313社(2016年10月1日現在)

出典

主要産業、主要貿易品目、貿易相手国、通貨、為替レート

外務省「各国・地域情勢 中国 基礎データ」(2018年12月28日)

名目GDP、一人当りGDP、実質GDP成長率、消費者物価上昇率、貿易額、対日貿易、主要貿易品目、貿易相手国

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る 中国 基礎的経済指標」(2019年01月29日)

日本からの直接投資

財務省「対外・対内直接投資の推移(国際収支マニュアル第6版準拠)

主要対日貿易品目、在留邦人、日系企業数

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る 中国 日本との関係」(2018年06月25日)

労働力関係

失業率(%)

4.1(2015年)、4.0(2016年)、3.9(2017年)、3.8(2018年)

労働力の質

  • 豊富で安価な労働力等により「世界の工場」として経 済を牽引してきた中国は現在、成長鈍化の時期を迎え、これまでのような高度成長が望めずに、新しい発展の段 階・手法が求められる「新常態(ニュー・ノーマル)」といわれており、ビジネス環境が大きく変化している。
  • 現地法人の撤退数と撤退比率をみると、日系企業の中 国からの撤退数はリーマンショック後の2009年をピー クにして減少したものの、2012年から再び増加して撤退 数と撤退比率ともに2014年に最高水準となった。撤退の動きは年々高騰する人件費、外資優遇税制廃止、中国市場における価格競争の激化、労働者の権利意識の高まりによる労働紛争の増加、当局による環境規制の強化等を 背景としている

労働時間

法定労働時間は1日8時間、週40時間とされている

賃金(米ドル)

北京
  • ワーカー
  • 基本給:746
    年間負担総額:13,931
  • スタッフ
  • 基本給:1,115
    年間負担総額:20,867
  • エンジニア
  • 基本給:1,020
    年間負担総額:22,736
上海
  • ワーカー
  • 基本給:560
    年間負担総額:13,630
  • スタッフ
  • 基本給:1,142
    年間負担総額:20,280
  • エンジニア
  • 基本給:996
    年間負担総額:21,581
広州
  • ワーカー
  • 基本給:537
    年間負担総額:11,032
  • スタッフ
  • 基本給:947
    年間負担総額:15,132
  • エンジニア
  • 基本給:923
    年間負担総額:17,740
深セン
  • ワーカー
  • 基本給:518
    年間負担総額:11,230
  • スタッフ
  • 基本給:982
    年間負担総額:19,292
  • エンジニア
  • 基本給:928
    年間負担総額:18,359
大連
  • ワーカー
  • 基本給:442
    年間負担総額:9,514
  • スタッフ
  • 基本給:726
    年間負担総額:14,611
  • エンジニア
  • 基本給:647
    年間負担総額:13,982
成都
  • ワーカー
  • 基本給:472
    年間負担総額:7,572
  • スタッフ
  • 基本給:691
    年間負担総額:13,149
  • エンジニア
  • 基本給:721
    年間負担総額:11,480
青島
  • ワーカー
  • 基本給:415
    年間負担総額:8,655
  • スタッフ
  • 基本給:742
    年間負担総額:14,850
  • エンジニア
  • 基本給:617
    年間負担総額:12,322
武漢
  • ワーカー
  • 基本給:484
    年間負担総額:11,557
  • スタッフ
  • 基本給:946
    年間負担総額:14,732
  • エンジニア
  • 基本給:727
    年間負担総額:16,802
瀋陽
  • ワーカー
  • 基本給:455
    年間負担総額:8,760
  • スタッフ
  • 基本給:657
    年間負担総額:12,462
  • エンジニア
  • 基本給:642
    年間負担総額:10,373
重慶
  • ワーカー
  • 基本給:493
    年間負担総額:9,061
  • スタッフ
  • 基本給:667
    年間負担総額:12,295
  • エンジニア
  • 基本給:855
    年間負担総額:16,050

※ワーカーは正規雇用(実務経験3年程度の作業員)、スタッフは正規雇用(実務経験3年程度の一般職)、エンジニアは正規雇用(専門学校/大卒以上・実務経験5年程度)
1米ドル=6.4832元(通貨単位)

法定最低賃金(米ドル)

北京

308/月(2017年9月1日改定)

上海

355/月(2016年4月30日改定)

広州

292/月(2015年5月1日改定)

深セン

329/月(2017年6月1日改定)

大連(中山区、西崗区、沙河口区、甘井子区、旅順口区、長海県、各先導区)

221/月(2016年1月1日改定)

大連(瓦房店市、普蘭店市、庄河市)

236/月(2016年1月1日改定)

青島(市内6区)

279/月(2017年6月1日改定)

青島(衛星4市)

253/月(2016年6月1日改定)

武漢(江岸、江漢、礄口、漢陽、武昌、洪山、青山、武漢経済技術開発、武漢市東湖生態旅遊風景の10区)

270/月(2017年11月1日改定)

武漢(東西湖、漢南、蔡甸、江夏、黄陂、新洲の6区)

231/月(2017年11月1日改定)

成都(錦江区、青羊区、金牛区、武侯区、成華区、高新区、天府新区、龍泉驛区、青白江区、新都区、温江区、双流県、新津県など11区3県)

231/月(2015年7月1日)

成都(都江堰市、彭州市、崇州市、金堂県、大邑県、蒲江県など4市3県)

213/月(2015年7月1日)

瀋陽(和平区、瀋河区、大東区、皇姑区、鉄西区、蘇家屯区、渾南区、瀋北新区、于洪区)

250/月(2015年7月1日)

瀋陽(新民市、遼中県、法庫県、康平県)

208/月(2015年7月1日)

重慶(万州区、黔江区、涪陵区、渝中区、大渡口区、江北区、沙坪壩区、九龍坡区、南岸区、渝北区、巴南区、長寿区、江津区、合川区、永川区、南川区、大足区、璧山区などの23区および北部新区、万盛経済開発区)

231/月(2016年1月1日)

重慶(梁平県、城口県、豊都県、武隆県、忠県、開県、雲陽県、奉節県、巫山県、巫渓県、石柱県、秀山県、酉陽県、彭水県などの15県)

216/月(2015年7月1日)

1ドル=6.4832元(通貨単位)

出典

失業率

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る 中国 基礎的経済指標」(2019年01月29日)

労働力の質、労働時間

厚生労働省「2016年 海外情勢報告

賃金、法定最低賃金

日本貿易振興機構(JETRO)「投資関連コスト比較

生活環境

気候

北京

夏は気温40℃を越す日もあり、冬は零下10度を下回ることもある。冬期は雨が少なく、乾燥が著しい気候である。そのため脱水や皮膚のトラブルを起こしやすく、加湿器等を使用した湿度調整が不可欠と言える。

上海

上海の緯度は鹿児島県とほぼ同じで、日本と同じように四季の変化がはっきりしている。6月中旬から7月上旬までは梅雨が続き、その後訪れる夏は連日蒸し暑く、最高気温が40℃近くとなる日もある。一方、冬は最低気温が氷点下となる日もあり、季節・気温に合わせた服装が必要。

買い物、食事、住宅

〔買い物〕

日系百貨店や大型スーパー等が進出し、日本製品の入手は容易。

〔食事〕

日本料理店は多い。北京など大都市には外資系サービスアパートメントが次々と建設されているが、価格は高騰している。

治安、医療

〔治安〕
  • 2008年5月のチベット暴動、2009年7月のウルムチ暴動など、少数民族地域における治安が不安定になるケースがあり注意が必要だが、中国の治安は全般的に安定している。
  • 日本人の被害の多くは窃盗、置き引きである。また雑踏のなかでのスリや路上でのひったくりの被害も見られる。
〔危険度〕

新疆ウイグル自治区    
レベル1:十分注意してください。(継続)

チベット自治区    
レベル1:十分注意してください。(継続)

〔医療〕

北京や上海には、外国人専用の外来を持つ中国系総合病院や、外資系クリニックがある。

宗教・習慣等の留意点

  • 中国人は人間関係や食事の席を重視する。また、伝統的な考え方は根強く残っており、例えば数は偶数を吉祥として尊び、生活歴は現在でも陰暦(旧暦)による。
  • 少数民族居住地域では、それぞれの民族の習慣・風俗に配慮する。
出典

気候、医療

外務省「在外公館医務官情報 中国(北京上海)」(2016年10月01日)

買い物、食事、住宅、治安、宗教・慣習等の留意点

国際協力機構(JICA)「世界の様子(国別生活情報)アジア 中国」(2015年)

外務省「海外安全ホームページ 中国 安全対策基礎データ」(2018年11月30日)

※当データベースについては、細心の注意を払って情報収集をしておりますが、必ずしも正確性または完全性を保証するものではありません。国土交通省は、閲覧者が当データベースの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

トップへ