country-flag

シンガポール

基礎情報

基本事項

国・地域名

シンガポール共和国 (Republic of Singapore)

面積

約720平方キロメートル(東京23区と同程度)

人口

約561万人(うちシンガポール人・永住者は397万人)(2017年6月)

首都

シンガポール

民族

中華系74%、マレー系13%、インド系9%

言語

国語はマレー語。公用語として英語、中国語、マレー語、タミール語。

宗教

仏教、イスラム教、キリスト教、道教、ヒンズー教

出典

外務省「各国・地域情勢 シンガポール 基礎データ」(2019年01月16日)

政治体制

政体

立憲共和制

元首

大統領(任期6年。ハリマ・ヤコブ現大統領は、2017年9月、第8代大統領として就任。)

議会

一院制。選出議員数89(任期5年)
(与党:人民行動党83議席、野党6議席)

出典

外務省「各国・地域情勢 シンガポール 基礎データ」(2019年01月16日)

経済

主要産業

製造業(エレクトロニクス、化学関連、バイオメディカル、輸送機械、精密器械)、商業、ビジネスサービス、運輸・通信業、金融サービス業

名目GDP(10億米ドル)

304.1(2015年)、309.8(2016年)、323.9(2017年)

一人当り名目GDP(米ドル)

54,940(2015年)、55,241(2016年)、 57,713(2017年)

実質GDP成長率(%)

2.24(2015年)、2.40(2016年)、 3.62(2017年)

消費者物価上昇率(%)

△0.52 (2015年)、△0.53 (2016年)、△0.58 (2017年)

貿易額(百万米ドル)

〔輸出〕

351,530 (2015年)、330,698(2016年)、366,066 (2017年)

〔輸入〕

297,035 (2015年)、282,023(2016年)、324,024(2017年)

主要貿易品目

〔輸出〕

機械・輸送機器、鉱物性燃料、化学製品

〔輸入〕

機械・輸送機器、鉱物性燃料、原料別製品

対日貿易(百万米ドル)

〔輸出〕

15,281 (2015年)、14,922(2016年)、 17,150 (2017年)

〔輸入〕

18,589 (2015年)、19,638 (2016年)、20,464 (2017年)

主要対日貿易品目

〔日本の主要輸出品目〕

電気機器(14.9%)、一般機械(13.6%)、貴金属(11.2%)

〔日本の主要輸入品目〕

一般機械(20.9%)、電気機器(16.3%)、医療用品(11.5%)

(2017年、Global Trade Atlas)

日本からの直接投資(億円)

82,335(2015年)、29,299(2016年)、29,668(2017年)(実行ベース)

通貨

シンガポール・ドル(Sドル)

為替レート

1シンガポール・ドル=約81円(2018年05月末)

在留邦人

36,423名(2017年01月現在、在留届に基づく)

日系企業数

836社(2017年1月時点、シンガポール日本商工会議所会員)

出典

主要産業、通貨、為替レート、日系企業数

外務省「各国・地域情勢 シンガポール 基礎データ」(2018年1月30日)

名目GDP、一人当りGDP、実質GDP成長率、消費者物価上昇率、貿易額、対日貿易

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る シンガポール 基礎的経済指標」(2018年07月23日)

主要対日貿易品目、在留邦人

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る シンガポール 概況 日本との関係」(2018年06月18日)

日本からの直接投資

財務省「対外・対内直接投資の推移(国際収支マニュアル第6版準拠) 3.対外直接投資(地域別)

労働力関係

失業率(%)

2.78(2015年)、2.95(2016年)、2.20(2017年)

労働時間

原則として、1日に8時間を超える、又は、週44時間を超える労働はできない。

休憩なしに連続6時間を超える労働はできない(雇用法第38条第1項)。

月72時間を超える超過労働を行ってはならず、事業主の要請により延長した労働に対しては、1.5倍の賃金が支払わなければならない(雇用法第38条第4項)

賃金(米ドル)

  • ワーカー
  • 基本給:1,630
    年間負担総額:26,516

  • エンジニア
  • 基本給:2,971
    年間負担総額:46,373
  • 中間管理職
  • 基本給:4,454
    年間負担総額:70,387
  • スタッフ
  • 基本給:2,422
    年間負担総額:38,234

(年間負担総額は基本給、諸手当、社会保障、残業代、賞与などを含む)

ワーカーは実務経験3年程度の一般工職/エンジニアは専門学校/大卒以上かつ実務経験5年程度の中堅技術者/中間管理職は大卒以上かつ実務経験10年程度の課長クラス/スタッフは実務経験3年程度の一般職(非製造業)

出所:2017年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査(2016年10~11月ジェトロ実施)

出典

失業率

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る シンガポール 基礎的経済指標」(2018年07月23日)

労働時間

厚生労働省「2017年 海外情勢報告」第5章第5節 シンガポール共和国

賃金、法定最低賃金

日本貿易振興機構(JETRO)「投資コスト比較 シンガポール

生活環境

気候

熱帯地域に位置し乾季と雨季がある。高温多湿の気候である。

買い物、食事、住宅

〔買い物〕

多数の商業施設があり買い物には苦労しない。

〔食事〕

日系の小売業者や飲食店が多く進出している。食料品は、年間を通して種類も豊富で、特に困ることはない。

飲食店は日本料理、中国料理をはじめ世界各国の料理を楽しむことができる。

〔住宅〕

駐在員は、設備の整ったコンドミニアムに住む場合が多い。家族のある日本人は大型マンション(コンドミニアム)に住み、単身者は掃除、ランドリーサービス付きで、食事の苦労の少ない繁華街の中にある小型マンションに住むのが一般的である。

治安、危険度、医療

〔治安〕

犯罪発生率は、減少傾向にある。

〔危険度〕

危険情報なし。

〔医療〕

医療機関はかなり整備されており、特に技術的なレベルを心配する必要はなく、安心して診療を受けられる。また日本語が通じる医療機関もある。

宗教・習慣等の留意点

宗教戒律によって食を禁止されている食物もあり、会食などの際には注意が必要である。また、国民の多くが習慣や風習を尊重する厚い信仰心を持っている。うかつな言動が誤解を招くことがあるので注意が必要。

出典

気候、宗教・慣習等の留意点、危険度
外務省「海外安全ホームページ シンガポール 安全対策基礎データ」(2018月11月21日)

治安
在シンガポール日本国大使館「安全の手引き シンガポールでの生活を安全に過ごすために」(2016年3月4日)

医療
厚生労働省検疫所「FORTH 海外で健康に過ごすために 国・地域別情報 シンガポール・マレーシア

※当データベースについては、細心の注意を払って情報収集をしておりますが、必ずしも正確性または完全性を保証するものではありません。国土交通省は、閲覧者が当データベースの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

トップへ