country-flag

タイ

基礎情報

基本事項

国・地域名

タイ王国 (Kingdom of Thailand)

面積

514,000km²

人口

6,572万人(2015年)(タイ国勢調査)

首都

バンコク

民族

大多数がタイ族。その他、華人、マレー族等

言語

タイ語

宗教

仏教 94%、イスラム教 5%

出典

外務省「各国・地域情勢 タイ 基礎データ」(2017年7月14日)

政治体制

政体

立憲君主制

元首

マハ-・ワチラロンコン・ボテインタラーテーパヤワランクーン国王陛下(ラーマ10世王)

(2016年10月即位)

議会

国家立法議会(220名)

出典

外務省「各国・地域情勢 タイ 基礎データ」(2017年7月14日)

経済

主要産業

農業は就業者の約40%弱を占めるが,GDPでは12%にとどまる。一方,製造業の就業者は約15%だが、GDPの約34%、輸出額の90%弱を占める。

名目GDP(10億米ドル)

401.40(2015年)、411.76(2016年)、455.229(2017年)(10億米ドル)

一人当り名目GDP(米ドル)

5,831(2015年)、5,970(2016年)、 6,591(2017年)(米ドル)

実質GDP成長率(%)

2.9(2015年)、3.2(2016年)、 3.9(2017年)

消費者物価上昇率(%)

△0.9 (2015年)、0.2 (2016年)、0.7 (2017年)

貿易額(100万米ドル)

〔輸出〕

214,310 (2015年)、214,251(2016年)、235,267 (2017年)

〔輸入〕

202,653 (2015年)、177,711(2016年)、201,107(2017年)

主要貿易品目

〔輸出〕

コンピューター・同部品、自動車・同部品、機械器具、農作物、食料加工品

〔輸入〕

機械器具、原油、電子部品

貿易相手国

〔輸出〕

米国、中国、日本(2016年)

〔輸入〕

中国、日本、米国(2016年)

対日貿易(100万ドル)

〔輸出〕

20,055 (2015年)、20,481(2016年)、 22,067 (2017年)

〔輸入〕

31,236 (2015年)、30,673 (2016年)、32,054 (2017年)

主要対日貿易品目

〔日本の主要輸出品目〕

一般機械(21.2%)、電気機器(17.9%)、鉄鋼(12.7%)、輸送用機器(10.9%)、光学機器(5.3%)など

〔日本の主要輸入品目〕

電気機器(22.3%)、一般機械(14.4%)、肉類・調製品(9.3%)、プラスチック・同製品(6.0%)、輸送用機器(5.0%)など

(2017年、財務省「貿易統計」)

日本からの直接投資(億円)

10,227(2015年)、7,016(2016年)、6,956(2017年)

※実行ベース

通貨

バーツ

為替レート

1ドル=約34.25バーツ(2015年平均)

在留邦人

70,337人(2016年10月現在)

日系企業数

3,925社(2017年10月現在)

出典

主要産業、主要貿易品目、貿易相手国、通貨、為替レート、在留邦人

外務省「各国・地域情勢 タイ 基礎データ」(2017年7月14日)

名目GDP、一人当り名目GDP、実質GDP成長率、消費者物価上昇率、貿易額、対日貿易

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る タイ 基礎的経済指標」(2019年01月15日)

主要対日貿易品目

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る タイ 概況 日本との関係」(2018年06月26日)

日系企業数

外務省「海外在留邦人数調査統計

日本からの直接投資

財務省「対外・対内直接投資の推移(国際収支マニュアル第6版準拠) 3.対外直接投資(地域別)

労働力関係

失業率(%)

0.9(2015年)、1.0(2016年)、1.2(2017年)

労働力の質

地方を中心に若年者の学歴が低く、労働力の質が高くないという問題が続いているが、これ対処するため、学歴向上を目指す政策や就職後に職業能力を高めるプログラムを導入しており、徐々に改善しつつある。
労働許可の失効又は当初より不法就労していた等の理由により、労働許可を持たない外国人労働者が数多く就労している。

労働時間

所定労働時間は原則として1日8時間、週48時間以内で各事業所で定めることとされており、時間外、休日労働は緊急の場合を除き週当たり36時間を超えてはならない。

賃金(米ドル)

バンコク
  • ワーカー
  • 基本給:378
  • エンジニア(中堅技術者)
  • 基本給:699
  • 中間管理職(課長クラス)
  • 基本給:1,538
  • スタッフ
  • 基本給:737

ワーカーは実務経験3年程度の一般工職/エンジニアは専門学校/大卒以上かつ実務経験5年程度の中堅技術者/中間管理職は大卒以上かつ実務経験10年程度の課長クラス/スタッフは実務経験3年程度の一般職(非製造業)

出所:アジア・オセアニア進出日系企業実態調査(2017年12~2018年1月ジェトロ実施)

法定最低賃金(米ドル)

9.33~9.64/日

出所:労働者保護法

改定日:2017年1月1日

出典

失業率

日本貿易振興機構(JETRO)「国・地域別に見る タイ 基礎的経済指標」(2019年01月15日)

労働力の質、労働時間

厚生労働省「2016年 海外情勢報告」第5章第6節

賃金、法定最低賃金

日本貿易振興機構(JETRO)「投資コスト比較 バンコク(タイ)

生活環境

気候

国土の大部分が熱帯モンスーン気候に属し、地方によって季節が異なるが、バンコクの場合、乾季(11月~2月)、暑季(3月~5月)、雨季(6月~10月)に分けられる。

買い物、食事、住宅

〔買い物〕

日系のデパートやスーパーで、日本食品を豊富に取扱っている。

〔食事〕

各国の料理を専門とするレストランが数多くある。

〔住宅〕

アパートは一般に高層建築で、プール、ジムがついていることが多い。

治安、医療

〔治安〕

薬物や銃器が氾濫し、凶悪事件多発の要因とも言われている。
日本人が巻き込まれる被害の圧倒的多数は窃盗・詐欺等であるが、殺人事件等の凶悪事件発生率は日本と比べても非常に高い水準で推移しているので、注意が必要である。

〔危険度〕

ナラティワート県,ヤラー県,パッタニー県及びソンクラー県の一部(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡)
レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)。(継続)

ソンクラー県(ジャナ郡,テーパー郡及びサバヨーイ郡を除く)
レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

プレアビヒア寺院周辺地域(タイのシーサケート県とカンボジアのプレアビヒア県との国境地域)
レベル1:十分注意してください。(引き下げ)

首都バンコク
レベル1:十分注意してください。(継続)

スリン県の一部(パノム・ドン・ラック郡及びガープ・チューン郡のカンボジアとの国境地域)
危険レベル解除

〔医療〕

バンコクの代表的な私立病院の医療水準は、日本の病院と比べても遜色ない。

宗教・慣習等の留意点

国王、王族に対する国民の尊敬の念が深いので、王室に対する言動には注意を払う。映画館などで国王賛歌が流れた場合には、周囲のタイ人と同様に敬意を払う。寺院や儀式を侮辱したり、妨害したりする行為は厳しく罰せられる。頭部は神が宿る場所とされ、頭部に触れることはタブーとされている。
子供の頭をなでる行為もトラブルの原因となる。足は不浄な部分とされているので、足裏を第三者に向けて座ったり、足で人を指すような行為などに注意する。

出典

気候、医療

外務省「在外公館医務官情報 タイ」(2018年10月)

買い物、食事、住宅

国際協力機構「(JICA)世界の様子(国別生活情報)アジア タイ」(2015年)

治安、宗教・慣習等の留意点、危険度

外務省「海外安全ホームページ タイ 安全対策基礎データ」(2018年7月30日)

※当データベースについては、細心の注意を払って情報収集をしておりますが、必ずしも正確性または完全性を保証するものではありません。国土交通省は、閲覧者が当データベースの情報を用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

トップへ