国土交通省 用語解説ページ
Back to Home
インデックス 日本語用語解説(五十音順) 英語用語解説(アルファベット順)
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
[C]
CADIN Common Aeronautical Data Interchange Network:航空交通情報システムのことで、DTAX、AFTAX、各空港等に設置されたデータ端末等及びこれらで形成された情報通信ネットワークの総称であり、AFTN、管制情報処理システム、気象庁、防衛庁及び航空会社等のシステムとも連接し、航空機の運航に必要な各種情報の処理中継を行っている。
CCTV Advanced Cruise-Assist Highway Systems:走行支援道路システム。道路上に設置したセンサー等から停止車等の情報を収集し、路車間通信等を通じて、ドライバーに対して注意喚起等により安全な走行を支援するシステム。
CNS/ATM Communication, Navigation, Surveillance / Air Traffic Management:通信・航法・監視/航空交通管理。航空交通の増大に対応するため、MTSATを中核とするC(データリンク通信)、N(衛星航法)、S(自動従属監視:ADS)を活用した航空交通管制(ATM)により、全世界的に安全で継ぎ目のない運航を実現する。
COD 化学的酸素要求量のこと。水中の被酸化性物質(有機物)を酸化剤で化学的に酸化したときに消費される酸化剤の量を酸素に換算したもの。CODが高いことはその水中に有機物が多いことを示し、生物化学的酸素要求量(BOD)とともに水質汚濁を示す指標である。
COP3 The 3rd Session of the Conference of the Parti-es to the United Nations Framework Convention on Climate Change:京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議。
CTC →列車集中制御装置
top
All Rights Reserved, Copyright (C) 2003, Ministry of Land, Infrastructure and Transport