国土交通省 用語解説ページ
Back to Home
インデックス 日本語用語解説(五十音順) 英語用語解説(アルファベット順)
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z
[R]
RA Resolution Advisory:回避指示。ACAS(航空機衝突防止装置)が、TA(接近情報)が発生した後、更に航空機同士が接近した場合に音声及び計器指示を通じてパイロットへ垂直(上下)方向へ回避する指示。(TAの項参照)
RAG Remote Air-Ground Communication:遠隔空港対空通信施設のことで、管制機関又は飛行場対空援助業務実施機関の設置されていない空港に設置され、当該空港を管轄する空港事務所若しくは、FSCの飛行場対空援助業務実施機関から遠隔運用されるVHFの空港用対空通信施設である。これにより要員が配置されていない空港等に離着陸する航空機との直接交信が可能となる。
RCAG Remote Center Air-Ground Communication:遠隔対空通信施設のことで、航空路管制機関(ACC)から遠隔制御されるVHF、UHFの航空路用対空通信施設である。これにより、遠隔地の航空機と管制機関との直接交信が可能となる。
RCC Rescue Co-ordination Center:航空機の捜索救難に関する協定(警察庁、防衛庁、国土交通省(航空局)、海上保安庁及び消防庁の関係機関により締結)に基づき、東京空港事務所に設置されている救難調整本部のことで、航空機が遭難又は行方不明になった場合に、関係機関が行う捜索・救難(SAR)活動について業務調整を行う機関である。
RDP Radar Data Processing System:航空路レーダー情報処理システムのことで、ARSR/SSRによって得られるレーダー情報及びFDPからの飛行計画情報を照合することにより航空機の追尾を行ってレーダー表示画面上に航空機の便名、飛行高度等管制に必要な飛行情報を英数字で表示するシステムである。
RNAV Area Navigation:広域航法。地上無線施設(VOR/DME等)から得られる位置情報、衛星航法(GNSS)から得られる位置情報及び機上の慣性航法装置(INS/IRS)から得られる位置情報をもとに機上に搭載した航法コンピューターシステムを活用して、自機の位置や飛行方向を確認しながら飛行する航法。例えば現在のVOR航空路は、地上の航空保安無線施設間を結んで設定されているが、RNAVは、地上の航空保安無線施設の地理的な位置に拘束されることなく直行/可変的なルートの設定を可能とするものであり、空域を最大限に活用できる航法。
RNP Required Navigation Performance:航法精度要件。特定空域内(航空路等)での運航に必要な航法精度の基準で、航空保安サービスの水準、航空交通量等を勘案して4種類のRNPタイプが選定され、その指定されたRNPタイプの許容空域内を正確に航行できる航法精度を運航者に要求するもの。
RORO船 ロールオン・ロールオフ船。貨物をトラックやフォークリフトで積み卸す(水平荷役方式)ために、船尾や船側にゲートを有する船舶であり、そのまま乗り降りを行うため、荷役効率が飛躍的に向上する。
RVR Runway Visual Range:滑走路の中心線上にある航空機の操縦士が、滑走路標識、滑走路の輪郭または滑走路中心灯を視認できる最大距離のことで、滑走路脇に設置された観測装置で大気中の透過率と周囲の明るさを測定することにより求めている。
top
All Rights Reserved, Copyright (C) 2003, Ministry of Land, Infrastructure and Transport