自動車

バス・タクシーのデジタル化に関する実証調査 参加事業者の公募について

印刷用ページ

バス・タクシー事業者の労働生産性や収益性の向上に寄与するデジタル化、デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向けて、各種デジタル機器やシステムの効果や課題を検証する実証調査を実施するため、この度、参加事業者を公募します。
参加事業者は、希望する任意のデジタル機器・システムを実際に導入(機能向上に係る更新・改修も含む)、運用いただきます。

実証調査の背景・目的

旅客自動車運送事業においては、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、一層厳しい経営環境となっているところ、
労働生産性や収益性の向上に寄与し、持続的・効率的な経営を実現する有効な手段の一つとして、
デジタル機器やデジタルデータの有効活用といった「デジタル化」や「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の推進に関して具体的検討を進める必要があります。

そこで、各デジタル機器等の効果検証や関連する業務に関する分析した上で、
デジタル機器等の効果や課題、得られるデータの有効な活用方策についてとりまとめ、
旅客自動車運送事業者が取組むべきデジタル化のステップについて明らかにすることを目的として、
デジタル機器等を実際に導入・運用頂くことによる実証調査を実施します。

また、得られた結果については、事業者向けの「デジタル化の手引き」としてまとめることとしています。

※デジタル機器・システムに係る導入経費について、調査協力費として最大9割支給いたします。
 詳細については公募要領をご参照ください。

公募の概要

(1)公募対象 : 一般旅客自動車運送事業の許可を有している事業者及びこれらの者を構成員に含む団体(事業者団体等)

(2)公募期間 : 令和3年9月22日~令和3年10月27日

(3)応募書類 : 「応募様式」を提出して下さい。

(4)応募書類の提出方法
    電子メール、ファックスまたは郵送により、以下の宛先に提出して下さい。
    ※可能な限り電子メールでの提出にご協力をお願いします。
    メールアドレス:hqt-ryokakudx@gxb.mlit.go.jp
         ファックス   :03-5253-1636
    〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3 国土交通省自動車局旅客課 企画班宛

(5)本実証調査に関する問合せ専用メールアドレス:  hqt-ryokakudx2@gxb.mlit.go.jp
    
※その他公募に関する詳細については「公募要領」をご確認ください。
 

公募要領・応募様式


 ○ 公募要領

 ○ 添付1 対象デジタル機器等一覧

 ○ 添付2 応募様式
        乗合バス   【Excel】   【PDF】
        貸切バス   【Excel】   【PDF】
        タクシー       【Excel】   【PDF】

 ○ 参考資料  デジタル機器等の具体例

お問い合わせ先

国土交通省自動車局旅客課髙瀬、祖父江
電話 :03-5253-8111(内線:41212)
ファックス :03-5253-1636

ページの先頭に戻る