自動車

荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン

  • 国土交通省及び厚生労働省では、トラック運送事業における取引環境の改善及び長時間労働の抑制を実現するための環境整備を図ることを目的として、平成27年度より、学識経験者、トラック運送事業者、荷主、労働組合等の関係者から構成される「トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会」を中央及び各都道府県に設置しております。
  • 当該協議会において、トラック事業者と荷主とが連携して、荷待ち時間の削減や荷役作業の効率化など長時間労働の抑制を図るためのパイロット事業を平成28年度から2か年度にわたり実施し、今般、その成果を「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」として取りまとめました。
 

ガイドライン本体

【事例集】  
  表紙・インデックス 農・水産品 金属機械工業品[1] 金属機械工業品[2] 金属機械工業品[3] 化学工業品 
  軽工業品[1] 軽工業品[2] 雑工業品

    コンサルティング事業(平成30年度実証事業)
    アドバンス事業(平成31年度<令和元年度>実証事業)

トラック輸送における取引環境・労働時間改善中央協議会のリンク

加工食品、飲料・酒物流編

  • ドライバー不足が大きな課題となっているトラック運送業において、加工食品、飲料・酒物流では長時間の荷待ちや手積み・手卸しによる荷役作業、非効率な検品作業等の課題が顕在しており、トラック運送事業者、発着荷主等の関係者が連携して、取引慣行上の課題も含めてサプライチェーン全体で早急に解決を図っていく必要があります。
  • 上記の現状に加え、当省で行った調査の結果、加工食品、飲料・酒は荷待ち件数が特に多い輸送分野であることが判明したことから、トラック運送事業者及び発着荷主が参画して長時間労働の改善を図るための懇談会等を設置・開催し、課題の整理及び解決策の検討を行ってきました。
  • 加工食品について、令和元年度までに実施した懇談会での検討の結果、「受発注条件の見直し」「荷待ち時間の削減」「荷役時間の削減」「検品時間の削減」が課題解決のために取り組むべき内容として整理され、令和2年5月に具体的な取組事例も盛り込んだガイドラインを取りまとめました。
  • さらに、令和2年度は引き続き荷待ち時間の発生件数が多かった飲料・酒物流について、トラック運送事業者、発着荷主等の関係者が連携した飲料・酒合同会議を設置し、実証実験などを通してサプライチェーン全体での検討を実施してきました。
  • 今般、飲料・酒合同会議において実施した実証実験で得られた結果などを中心に、加工食品懇談会において策定した上記ガイドラインを、「加工食品物流編」から「加工食品、飲料・酒物流編」へ改訂しました。
 

概要資料(加工食品)  

概要資料(飲料・酒)

荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン 加工食品、飲料・酒物流編

建設資材物流編

  • 工事現場には非常に多くの下請業者に紐づいた建設資材が工事の進捗状況に応じて搬入されています。
  • ICT導入による円滑な搬出入情報の共有など、工事現場の物流マネジメントがトラックドライバーの荷待ち時間の解消につながっていくことから、本ガイドラインの策定をきっかけに物流効率化に向けた取組が促進されるよう、サプライチェーンの関係者に周知を進めてまいります。
 

概要資料

荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン 建設資材物流編

紙・パルプ物流編

洋紙・板紙分野

  • 製紙産業では印刷媒体の電子化等に伴って物量の減少が予想される中、物流の負荷が大きい不十分なリードタイムでの発注や少量多頻度納品といった商習慣を見直すことが喫緊の課題となっています。
  • 本ガイドラインを参考にサプライチェーンの関係者が物流効率化に着実に取り組み、洋紙・板紙サプライチェーンが持続可能となるよう促進していきます。
 

概要資料

荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン 紙・パルプ(洋紙・板紙分野)物流編

⇒洋紙・板紙物流懇談会ページのリンク

家庭紙分野

  • 家庭紙製品の輸送においては、「手積み手卸し」といった非効率な荷役作業を続けてきた結果として、ドライバーの長時間労働や、急激な運送需要の増加に迅速に対応できない等といった課題を抱えています。
  • 一方、「2倍巻トイレットペーパー」のようなコンパクト製品には、物流への負荷を軽減しつつ、災害や緊急事態時等に省スペースで備蓄量を増やすことができるといったメリットがあります。
  • 本ガイドラインをサプライチェーンの関係者に周知し、手積み手卸しの解消や家庭紙製品のコンパクト化など物流に係る生産性の向上を促進していきます。
 

概要資料

荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン 紙・パルプ(家庭紙分野)物流編

⇒家庭紙物流懇談会ページのリンク

お問い合わせ先

国土交通省自動車局貨物課
電話 :03-5253-8111(内線41313)

ページの先頭に戻る