ページトップ

[本文へジャンプ]

観光庁
観光庁ホーム > 関連情報・注目情報 > 都道府県における観光振興条例の制定状況 > 広島県「ひろしま観光立県推進基本条例」(平成19年1月1日施行)
ページ本文

広島県「ひろしま観光立県推進基本条例」(平成19年1月1日施行)

印刷用ページ

最終更新日:2015年6月11日

 厳島神社と原爆ドームの二つの世界遺産をはじめ、瀬戸内海という国際級の観光資源など、多彩な観光資源が集積していますが、本県を来訪する国内外の観光旅行客等の状況は、世界に通用するヒロシマの知名度にふさわしいものとは言えず、また、観光旅行に対する需要の高度化など近年の観光をめぐる様々な状況変化への的確な対応も求められています。 これらに適切に対処し、国内外の誘客競争に打ち勝つことのできる「魅力ある観光地」を形成していくため、県、市町、県民、観光事業者、観光関係団体等が協働して、観光立県の実現に関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、この条例が制定されました。