ページトップ

[本文へジャンプ]

観光庁
観光庁ホーム > 関連情報・注目情報 > 都道府県における観光振興条例の制定状況 > 沖縄県 「沖縄県観光振興条例」(昭和55年3月1日施行)
ページ本文

沖縄県 「沖縄県観光振興条例」(昭和55年3月1日施行)

印刷用ページ

最終更新日:2010年4月12日

 観光は、文化の交流を促進し、国内及び国際社会の相互理解を増進するとともに、経済の発展と生活の安定向上に寄与するものであり、平和と豊かさを象徴するものです。
 したがって、観光の発達は、美しい豊かな郷土を創出し、恒久の平和と文化的な生活を享受しようとする我々が絶えず希求してやまないところです。幸いにして、沖縄県は、我が国唯一の亜熱帯地域として特有の自然景観に恵まれ、また、近隣諸国との長い交流の歴史によって育まれた独特の文化を有しています。これらの優れた資源を活用し、広く国民的更には国際的な観光及び保養の場を整備することは、すなわち本県の特性を生かすみちです。しかしながら、現状は、本県の観光がその特性を生かすための基盤の整備及び環境の形成は必ずしも十分とは言えません。
 我々は、長期的かつ総合的な視点に立って本県の観光の進むべき方向と目標を明らかにし、その実現に努めなければなりません。ここに、我々は、観光の意義と本県の特性を深く認識し、観光の振興によって真に美しい豊かな郷土の創出に最善の努力を払うことを誓い、この条例が制定されました。