ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > 報道発表 > 2019年 > 第2回「持続可能な観光指標に関する検討会」の開催について
ページ本文

第2回「持続可能な観光指標に関する検討会」の開催について

印刷用ページ

最終更新日:2019年10月28日

 急速な訪日外国人観光旅行者の増加も一因として、一部の地域においては、地域住民や訪問する旅行者の間で、混雑やマナー違反などの課題への関心が高まっており、これに呼応していわゆるオーバーツーリズムに関連する報道もしばしば見受けられるようになっています。

 こうした背景を踏まえ、観光庁においては、昨年6月に「持続可能な観光推進本部」を設置し、同本部において国内外の先進事例を整理するとともに、今後の取組の方向性について検討し、その検討結果を本年6月に報告書「持続可能な観光先進国に向けて」としてとりまとめたところです。

 同報告書において、今後の取組の方向性のひとつとして、各地方自治体や観光地域づくり法人(DMO)が多面的な現状把握の結果に基づき持続可能な観光地経営を行うよう、国際基準に準拠した「持続可能な観光指標」を開発・普及することとしております。

 このため、第2回検討会では我が国における持続可能な観光指標開発の目的及び指標案について具体的な議論を行います。

                                             記

1.開催概要 日時:令和元年10月30日(水)15:00~17:30
         場所:中央合同庁舎2号館1階共用会議室2A・2B
2.議題    持続可能な観光指標開発の目的について 等
3.委員    「別紙1」のとおり
4.その他 
● 本検討会は、非公表ですが、冒頭までのカメラ撮りは可能です。
● 取材を希望される方は 10月29日(火)17:00迄に、「別紙2」取材申込書に必要事項を記入の上、FAXにてお申し込みください。
● 当日は、14:45迄に会場にお越しください。
● 本検討会の議事概要等については、後日、観光庁HPに掲載します。