ページトップ

[本文へジャンプ]

観光庁
観光庁ホーム > 令和4年6月10日以降の外国人観光客の受入れ開始について
ページ本文

令和4年6月10日以降の外国人観光客の受入れ開始について

印刷用ページ

最終更新日:2022年6月21日

概要

旅行業者等※1を受入責任者とする添乗員※2付きパッケージツアー※3による外国人観光客の受入れを令和4年6月10日より開始します。
「青」区分の国・地域から入国する外国人観光客に限定。
・ 外国人観光客に対して、マスク着用をはじめ、「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」の内容遵守を求める。 

※1 旅行業法(昭和27年法律第239号)第2条第1項に規定する旅行業(第1種旅行業、第2種旅行業、第3種旅行業、地域限定旅行業)を行うもの又は同法第6項に規定する旅行サービス手配業を行うもの
※2 ​旅行業法第12条の11第1項に規定する旅程管理主任者に限らず、受入責任者の管理の下で、感染防止対策や緊急時対応等を担う者
※3 あらかじめ決められた行程に沿って行われるものであり、入国から出国までの全行程を通じて、添乗員が同行し、行程管理するもの

観光目的の入国のための手続き

令和4年3月1日より、外国人の新規入国については、受入責任者※4の管理の下、観光目的以外の新規入国を認めることとし、入国に当たっては、受入責任者が厚生労働省の入国者健康確認システム(ERFS)に必要等事項等を事前申請することが必要となっています。
※4 入国者を雇用又は入国者を事業・興業のために招へいする企業・団体等

令和4年6月10日からの観光目的の新規入国については、日本国内に所在する旅行業者等が受入責任者となり、下記の手続きを行うことが必要となります。

1.ERFSの新規ID申請
  受入責任者となる旅行業者等は、6月10日以前に当該IDを取得済みの者も含め全ての旅行業者等が6月10日以降に新規でIDを取得すること。
  申請の際には、登録行政庁による旅行業又は旅行サービス手配業の登録通知書※5が必要。
  ※5 旅行業においては、新規・更新・変更登録通知書のうち通知日が最も直近の日付であるもの。

  外国人新規入国オンライン申請のためのログインID申請サイト
  6月10日から旅行業者等の新規ID申請が可能となります。
 
    ↓

2.ERFSでの入国予定者の事前登録
  登録時に目的として「観光」を選択すること。
 
    ↓

3.在外公館へ査証申請
  発行された受付済証の目的が観光になっていることを確認した上で、入国予定者に受付済証を送付すること。
  在外公館への査証申請は原則入国予定者が行う。
  ※査証の申請から発給までに必要な期間は、申請受理の翌日から起算して原則5業務日であることに留意してください。
   ただし、申請内容に疑義がある場合などには、査証の発給までに時間を要する場合もあります。

旅行中の感染症対策

安全・安心に旅行していただくためには基本的な感染防止対策の徹底が重要です。
外国人観光客に対する感染防止対策の周知にあたり、ご活用ください。
<個別感染防止策のリーフレット>
個別の感染防止策について、掲示等により周知するためのリーフレットです。



(英語版)     PDFはこちら
(中国語(簡体字))PDFはこちら
(中国語(繁体字))PDFはこちら
(韓国語)     PDFはこちら

<新しい旅のエチケット(多言語版)>
旅行者の皆様に留意していただきたい感染症対策を場面別にまとめたものです。
 
<屋外・屋内でのマスク着用について(英語版)>
COVID-19 Mask Use in Community Settings(厚生労働省HP)

よくある質問

お問合せの際は、よくある質問(FAQ)をご確認の上、お電話ください。
※感染防止対策等の状況を踏まえた内容の変更、追加等があり得ることにご留意ください。
 

お問い合わせ先

外国人観光客の入国に関するお問い合わせ

観光庁 国際観光部 国際観光課
代表:03-5253-8111(内線 27423、27424、27407、27434 ※英語対応は27429)
FAX:03-5253-1563

ERFSに関するお問い合わせ

ERFSについてご不明な点は 入国者健康確認センター(followup@hco.mhlw.go.jp)までメールでお問合せください。
お急ぎの場合には、外国人新規入国オンライン申請のためのログインID申請サイトに搭載されているチャットボットにご質問ください。