ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 国際観光 > 訪日外国人旅行者の受入環境整備 > 訪日外国人を含む旅行者の受入環境の整備に関する事業
ページ本文

訪日外国人を含む旅行者の受入環境の整備に関する事業

印刷用ページ

最終更新日:2020年8月4日

観光振興事業、訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業は以下5つの事業を公募しております。
補助メニュー等も異なりますので、ご希望の整備に該当する事業をご確認ください。


各事業概要は以下PDFをご確認ください。
補助事業一覧

◆観光振興事業(観光地の「まちあるき」の満足度向上整備支援事業)

1.概要
 訪日外国人旅行者の来訪が特に多い又はその見込みがある市区町村(「指定市区町村」という。)に係る観光地において、
公共交通機関の駅等から個々の観光スポットに至るまでの散策エリアにおける「まちあるき」の満足度の向上を図るため、
訪日外国人旅行者のニーズが特に高い取組等を一体的に進める事業に要する経費の一部を補助するものです。


事業概要は下記PDFよりご確認ください。
観光地の「まちあるき」の満足度向上整備支援事業概要

2.補助対象事業
・多言語表示の充実・改善
・エリア無料Wi-Fiの整備
・飲食店、小売店等も含めた地域における多言語対応、先進的決済環境の整備
・トイレの洋式便器の整備及び清潔機能向上
・観光スポットの段差解消
・非常時情報発信機能の整備
・外国人観光案内所等の機能の強化

3.補助対象事業者
・地方公共団体、民間事業者及び協議会等

4.地域要件
・訪日外国人旅行者の来訪が特に多い又はその見込みがある市区町村
  指定市区町村一覧

5.申請方法及び申請先
下記リンク先の詳細ページよりご確認ください。
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page08_000116.html

◆観光振興事業(「道の駅」インバウンド対応拠点化整備事業)

1.概要
 訪日外国人旅行者の来訪が特に多い若しくはその見込みがある、又は地域、民間事業者との連携等により訪日外国人旅行者の誘客に高い効果が見込まれる意欲的な取組が行われている若しくはその予定がある「道の駅」において、レンタカーを利用する訪日外国人旅行者のニーズが特に高い取組等を一体的に進める事業に要する経費の一部を補助するものです。
 なお、多言語対応(外国人観光案内所(日本政府観光局により認定されている又は認定の見込みがあるものに限る。)が整備されている。)及びキャッシュレス決済環境の両整備項目を実施(実施済みの整備項目がある場合は、当該整備項目以外の全てを実施)することが必要となります。


事業概要のPDFは下記よりご確認ください。
「道の駅」インバウンド対応拠点化整備事業概要

2.補助対象事業
・多言語案内の整備
・無料公衆無線LAN環境の面的整備
・多言語対応・先進的決済環境の整備
・公衆トイレの洋式便器の整備及び清潔等機能向上
・段差の解消
・外国人観光案内所の整備・改良
・観光拠点情報・交流施設の整備・改良
・外国人観光案内所における非常用電源装置及び情報端末への電源供給機器の整備

3.補助対象事業者
・「道の駅」を設置し、又は管理する者

4.申請方法及び申請先
下記リンク先の詳細ページよりご確認ください。
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page08_000124.html

訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業

1.概要
 観光需要の回復に向けて反転攻勢のための基盤を整備するため、感染症対策も含めた観光地における
訪日外国人旅行者の受入環境整備の取り組みを支援してまいります。



事業概要のPDFは下記よりご確認ください。
訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業

※指定市区町村・・・我が国へのゲートウェイとなる空港・港湾から、訪日外国人旅行者の来訪が特に多い又はその見込みがあるものとして
                                  観光庁が指定する市区町村。(参照:平成31年度指定市区町村 、令和2年度指定市区町村

2.申請方法及び申請先
下記リンク先の詳細ページよりご確認ください。
https://www.mlit.go.jp/kankocho/page08_000121.html