ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 人材の育成・活用 > 観光人材政策 > インターンシップ活用ワーキンググループ
ページ本文

インターンシップ活用ワーキンググループ

印刷用ページ

最終更新日:2011年4月1日

 学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行えるインターンシップは、業界や企業についての理解を深め、自分の適性に合った職業について考える機会を得るものであり、企業側にとっては観光産業が必要とする人材の育成に資するものであることから、今後、一層の普及促進が望まれています。
 しかし、現実は、
  [1] 大学・企業間で実習目的・内容について十分な共通認識がなられていない
  [2] 実施に至るまでに、大学・企業双方で多大な労力をかけている
等の課題があり、これらについて当ワーキンググループで検討してきました。

第7回(平成21年12月18日開催)

第6回(平成21年10月29日開催)

第5回(平成21年2月12日開催)

第4回(平成20年12月16日開催)

第1~3回(平成19年7月23日、12月11日、平成20年2月22日開催)

このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課
深見、西岡
代表 03-5253-8111(内線27-308)