ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
ページ本文

観光産業

旅行者ニーズに合った観光産業の高度化を支援します。
  • 旅行業法旅行業法は、旅行業等を営む者について登録制度を実施し、あわせて旅行業等を営む者の業務の適正な運営を確保するとともに、旅行業協会の適正な活動を促進することにより、旅行業務に関する取引の公正の維持、旅行の安全の確保及び旅行者の利便の増進を図ることを目的としています。
  • 住宅宿泊事業法
  • 観光圏内限定旅行業者代理業観光圏整備実施計画による滞在促進地区内の宿泊業者が、観光圏内での宿泊者の旅行について、旅行業者代理業を営むことができます。
  • 登録ホテル・旅館 国際観光の振興に寄与するため、外客宿泊施設について登録制度を実施してこれらの施設の整備を図り、あわせて外客に対する登録ホテル等に関する情報の提供を促進する等の措置を行っています。
  • 観光施設における心のバリアフリー認定制度 バリアフリー対応や情報発信に積極的に取り組む姿勢のある観光施設を対象とした「観光施設における心のバリアフリー認定制度」を創設しました。認定を受けた観光施設は、観光庁が定める認定マークを使用することができます。
    これにより、観光施設のさらなるバリアフリー対応とその情報発信を支援し、ご高齢の方や障害のある方がより安全で快適な旅行をするための環境整備を推進します。
     ※参考:心のバリアフリーについて(首相官邸ホームページ)
     
  • 若者旅行の振興 観光先進国実現のためには、訪日旅行者(インバウンド)および日本からの海外旅行者(アウトバウンド)の双方向の人的交流を拡大させることが重要です。また、観光政策の観点のみならず、我が国が進めるグローバル化の観点からも、今後を担う世代の国際感覚の涵養および相互理解力の増進が求められます。
     近年、若者の旅行離れ、特に海外旅行離れに関するさまざまな指摘がされているところ、観光庁では、アウトバウンド活性化に向けた方策を検討するとともに、国際経験豊かな講師を学校に派遣する「若旅★授業」を実施する等、若者旅行の振興に取り組んでいます。
  • 観光教育の普及に向けて  観光庁では、次代を担う子どもたちが、観光が果たす役割について理解し、関心を持ち、日本各地の観光資源の魅力を自ら発信できる力を育む観光教育の普及に取り組んでいます。
     このため、小中学校の教員向けに観光教育の重要性や教育的意義を啓蒙するとともに、モデル授業の検証等を通じて、学校教育の現場において「無理なく」「効果的に」観光の視点を取り入れた授業を実践できる観光教育のプログラムの開発支援等に努めております。
  • 宿泊施設における生産性向上の促進 宿泊施設は、地域の雇用創出や活性化に大きな役割を果たしますが、訪日外国人旅行者の増大や個人旅行志向など、経営環境が変化しており、従来の経営ノウハウから脱却し、顧客ニーズを捉えた経営へと変革する必要があります。
     このため、業務効率化や施設間連携による宿泊施設の生産性向上の取組みを支援するとともに、宿泊施設に対する訪日外国人旅行者目線によるハード・ソフト両面の情報開示を支援することで、宿泊施設の経営力向上や集客力向上を図ります。
  • ユニバーサルツーリズムについてユニバーサルツーリズムとは、すべての人が楽しめるよう創られた旅行であり、高齢や障がい等の有無にかかわらず、誰もが気兼ねなく参加できる旅行を目指しています。
  • 観光産業のイノベーション促進事業 宿泊業、旅行業をはじめとする観光産業における新たなビジネスモデルの構築を支援するとともに、そのノウハウの普及・啓発を行う上での課題の抽出・問題点の整理を行っています。