ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2020年 > 観光庁職員によるワーケーション体験in北海道の実施結果について
ページ本文

観光庁職員によるワーケーション体験in北海道の実施結果について

印刷用ページ

最終更新日:2020年10月19日

○  観光庁では、新型コロナウィルス感染症の影響により、テレワークの活用等、働き方が多様化していることを踏まえ、リゾート地や温泉地などで余暇を楽しみつつ仕事を行うワーケーションや、出張先等で滞在を延長するなどして余暇を楽しむブレジャーなどを関係省庁、地元自治体、関係業界との緊密な連携の下で普及し、休暇の積極的取得・分散化の促進を通じた旅行機会の創出や旅行需要の平準化の実現を図ることとしています。

○  その一環として、観光庁職員が現地関係者とワーケーション等の普及促進策に関する意見交換を行うとともに、試行的にワーケーション体験を行い、その効果や課題について検証することを通じて今後のワーケーション等の推進に向けた政策の企画立案に役立てる機会を設けるべく、ワーケーションの受入れに積極的に取り組む北海道と協力し、以下のとおり職員を現地に派遣しました。
<日程> 10月15日(木)~10月16日(金)
<場所> 洞爺湖温泉(北海道洞爺湖町)
<スケジュール>
10月15日(木)午前:移動
        午後:地元関係者との意見交換、ワーケーション関連施設・周辺のアクティビティの視察等
10月16日(金)午前:宿泊施設でテレワーク
        午後:周辺観光施設の視察、移動

<概要> 下記ファイルをご参照ください。
このページに関するお問い合わせ
【問い合わせ先】 観光庁国際観光部参事官(MICE)付 大宅、石井
          代表:03-5253-8111  内線:27502、27612
          直通:03-5253-8938  FAX番号:03-5253-8128