ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2020年 > 【千葉・江戸優り佐原 観光活性化ファンド】株式会社NIPPONIA SAWARA 不動産に対する投資実行について
ページ本文

【千葉・江戸優り佐原 観光活性化ファンド】株式会社NIPPONIA SAWARA 不動産に対する投資実行について

印刷用ページ

最終更新日:2020年2月4日

~「歴史的資源を活用した観光まちづくり」の推進~
 観光庁と株式会社地域経済活性化支援機構(以下「機構」という。)は、平成26年5月に包括的連携協定を締結して以来、地域経済及び社会の活性化や、世界から選ばれる魅力ある観光地域づくりの推進を図ってきたところです。今般、機構のファンド運営子会社であるREVIC キャピタル株式会社が、株式会社京葉銀キャピタル&コンサルティングと共同運営する「千葉・江戸優り佐原 観光活性化ファンド」は、株式会社NIPPONIA SAWARA 不動産に対して投資を実行しましたので、お知らせ致します。詳細につきましては、別添を参照ください。

別添
このページに関するお問い合わせ
株式会社地域経済活性化支援機構
〒100-0004 東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル9階
代表:TEL 03-6266-0310 地域活性化支援部: TEL 03-6266-0590