ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・会見
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2018年 > 「雪と文化の世界観光会議」開催について
ページ本文

「雪と文化の世界観光会議」開催について

印刷用ページ

最終更新日:2018年2月8日

1. 目的: 世界各国・地域の観光関係者が集まる国連世界観光会議の開催を通じて、世界に向け て山形県及び東北地域における雪国文化
       の多様性や冬の食文化、更には雪を観光資源 として活用する 「スノーカルチャーツーリズム」を発信し、雪国文化の魅力をPRし イン
       バウンドのさらなる拡大に結び付ける。

2. テーマ : 雪と文化の世界観光会議     
        ~観光資源としての雪の体験及び冬の伝統文化~
         UNWTO International Conference on Tourism and Snow Culture
        ~Snow Experiences and Winter Traditions as Assets for Tourism Destinations~

3.開催日時・プログラム  2月1日(木) :  山形県主催 歓迎レセプション (於:文翔館(旧県会議事堂))     
                                               2日(金):  本会議 (於:山形ビッグウィング) / 観光庁主催フェアウェルレセプション (於:山形美術館)     
                                               3日(土):  商談会/テクニカルビジットA     
                                               4日(日):  テクニカルビジットB

4. 参加者 26ヵ国・地域 291名 (国内217名  /  海外74名)
                                                   (欧州7、アジア太平洋15、中東2、アフリカ1、中南米1)
                                                     ※観光庁より、瓦林審議官、中條参事官(国際関係担当)他が出席
                                                     ※海外より、タレブ・リファイUNWTO前事務局長、ス・ジン同アジア太平洋部長、  海外登壇者、
                                                                        JNTOファムツアー(メディア、旅行会社)39名、JICA研修生13名 等
      
                                                       
                                            登壇者 集合写真

5. 各イベント風景
【本国際会議】

  開会挨拶・基調講演

       山形ビッグウィング                           吉村山形県知事                  ス・ジンUNWTOアジア太平洋部長


           瓦林観光庁審議官                        タレブ・リファイ前UNWTO事務局長                         会議の様子
             (田村長官代理)
        
 
各セッション