ページトップ

[本文へジャンプ]

報道・広報
観光庁ホーム > 報道・会見 > トピックス > 2020年 > Go To トラベル事業に登録している宿泊施設における感染拡大防止対策の実施状況等について
ページ本文

Go To トラベル事業に登録している宿泊施設における感染拡大防止対策の実施状況等について

印刷用ページ

最終更新日:2020年11月24日

 令和2年9月7日までにGo To トラベル事業に登録された全ての宿泊施設を対象として、本事業への参加条件となる感染拡大防止策の実施状況について調査し、対策が不十分であると判断される宿泊施設に対し、個別指導を行いました。
1.調査結果の概要
   調査を行った23,245施設のうち、9割以上の施設では、旅行者への検温の実施や客室の清掃・消毒等の感染防止対策、飲食施設等の三密対策が確実に実施されていましたが、一部、不十分な施設が確認されたことから、当該施設に対し、個別指導を行いました。
 
 【対策が不十分な事例及び当該事例に対する対応】
 ・浴場において、ロッカー利用を間引くなどの対策が行われていなかったため、利用者間の密接を防ぐよう指導。
 ・ビュッフェ形式の食事施設において、料理提供時にトング・取り箸の頻繁な交換がされていない等、感染防止対策が不十分であったため、現場のオペレーションに沿った対策を実施するよう指導。
 ・公的書類による本人確認が実施されていなかったため、公的書類による確認を実施するよう指導。
 ・旅行者への「GoToトラベルのご利用に当たっての遵守事項」の周知が行われていなかったため、宿泊施設内での掲示や旅行者へ配布など、旅行者への周知を徹底するよう指導。
 
2.今後の予定
○ 感染リスクが高いと考えられるビュッフェ形式での対策が不十分であった施設や、調査項目のうち、半数以上の取組が不十分であった施設等を対象に、速やかに二次調査を実施し、改善が見られない場合には、登録の取消等を含め、感染防止対策の徹底を図ってまいります。
○ 9月8日以降にGo To トラベル事業に登録された施設については、本年12月中を目途に調査を実施予定です。
このページに関するお問い合わせ
観光庁 外客受入担当参事官室 担当:三宅、佐藤(雅)
TEL  03-5253-8111(内線27902、27911)
TEL  03-5253-8972(直通)
FAX 03-5253-8123