航空

風力発電施設に係る航空障害灯及び昼間障害標識の設置基準及び免除基準の緩和について

風力発電機に設置する航空障害灯及び昼間障害標識の設置基準及び免除基準の緩和について、関連する通達の一部改正が適用となりましたので、お知らせします。

1.背景

 航空法(昭和27年法律第231号。以下「法」という。)第51条及び第51条の2において、一定の物件に対し、航空障害灯及び昼間障害標識を設置することとされているところ、その詳細な設置に関連する通達は、航空法施行規則(昭和27年運輸省令第56号。以下「規則」という。)第127条及び第132条の3に基づき、「航空障害灯及び昼間障害標識の設置基準等の事務処理基準」(平成18年5月9日付け国空保第8号。以下「設置基準」という。)及び「航空障害灯及び昼間障害標識の設置基準等の事務処理基準の細目」(平成18年5月9日付け国空保第9号。以下「設置基準細目」という。)において定められています。また、航空障害灯及び昼間障害標識の設置の免除に関連する通達は、法第51条第1項ただし書き及び規則第132条の2に基づき、「航空障害灯及び昼間障害標識の設置免除の事務処理基準」(昭和43年10月23日付け空航第387号。以下「設置免除基準」という。)及び「航空障害灯の設置免除の事務処理基準の細目について」(平成18年1月27日付け国空保第437号。以下「設置免除基準細目」という。)において定められています。
 平成24年4月3日に閣議決定された「エネルギー分野における規制・制度改革に係る方針」 における再生可能エネルギーの普及促進という観点から、風力発電施設に係る航空障害灯等の設置基準等の緩和について、国際基準等を踏まえ検討を行い、以下のとおり関連する通達の改正を行っております。

2.改正概要

【平成26年1月改正】
 風力発電機群(高さ150m未満の複数の風力発電機で構成されるものをいう。以下同じ。)が設置されている場合であって、当該風力発電機群において海抜高の最も高い風力発電機及びその風力発電機群の輪郭を示す風力発電機に同時に閃光又は明滅する航空障害灯が設置されている場合には、以下のことを可能とする。

(1)当該風力発電機群において、海抜高の最も高い風力発電機及び当該風力発電機群の輪郭を示す風力発電機以外の風力発電機への航空障害灯及び昼間障害標識(中光度白色航空障害灯が設置されている風力発電機群に限る。)の設置を免除すること(設置免除基準及び設置免除基準細目の改正)
(2)当該風力発電機群において、ナセル頂部以外の航空障害灯の設置を省略すること(設置基準及び設置基準細目の改正)
(3)適用日:平成26年1月17日

概要図(PDF形式)

【平成30年3月改正】
風力発電機群(高さ315m以下の複数の風力発電機で構成されるものをいう。以下同じ。)が設置されている場合であって、当該風力発電機群において海抜高の最も高い風力発電機及びその風力発電機群の輪郭を示す風力発電機に同時に閃光又は明滅する航空障害灯が設置されている場合には、以下のことを可能とする。

(1)当該風力発電機群において、海抜高の最も高い風力発電機及び当該風力発電機群の輪郭を示す風力発電機以外の風力発電機への航空障害灯及び昼間障害標識(中光度白色航空障害灯が設置されている風力発電機群に限る。)の設置を免除すること(設置免除基準及び設置免除基準細目の改正)
(2)当該風力発電機群に設置されている高光度航空障害灯を中光度航空障害灯に変更するこ                                                              と。(設置基準及び設置基準細目の改正)
(3)適用日:平成30年3月27日

概要図(PDF形式)
航空障害灯/昼間障害標識の設置等に関する解説・実施要領(PDF形式)

お問い合わせ先

国土交通省国土交通省航空局交通管制部管制技術課航空灯火・電気技術室
電話 :03-5253-8111(内線51172)

ページの先頭に戻る