砂防

火山災害とその対策

火山災害とは
 わが国には第四紀(約260万年前から現代まで)に生成した火山が400以上あるといわれており、そのうちの111は活火山です。活火山については、気象庁、大学、国土地理院、その他の研究機関による監視、観測が行われています。
 火山は、美しい景観や温泉の涌出などで、一般に観光地となっていますが、噴火が起こるとそれに伴う様々な現象が災害を引き起こします。 火山災害は、大きなエネルギーを放出し、被害が広範囲に及びます。
 

火山活動に伴う現象

火山災害画像

  • 山体崩壊(磐梯山・福島県)

  • 溶岩流(伊豆大島・東京都)

  • 火山泥流(十勝岳・北海道)

  • 火砕流(雲仙普賢岳・長崎県)

  • 土石流(桜島・鹿児島県)

火山噴火への対策

火山噴火対策砂防
 火山は、たった1回の噴火が大噴火を引き起こし、広い範囲にわたり被害をもたらし、人命や財産を奪ってしまうため、砂防えん堤等のハード対策とともに、警戒避難体制の整備等のソフト対策からなる総合的な火山噴火対策が必要です。

ハード対策

 噴火によって発生した火山泥流等への対処、降雨による土石流の発生に備えるため、様々な火山施設を設置し被害を最小限に食い止めます。
 火山噴火物の流れを抑える「減勢工」、泥流等を安全な地域に導く「導流堤」、大きな岩石の流下を防ぐ「スリットタイプのえん堤」、泥流などを堆積させる「遊砂地」、流出物を安全に流下させる「流路工」などがあります。

  • 導流堤と遊砂地

  • スリットタイプのえん堤と床固工

ソフト対策

 ハード対策にあわせて、警戒避難体制の構築に役立てるため、火山噴火に伴う土砂災害のシミュレーションをもとに土砂災害予想区域図(火山砂防ハザードマップ)の作成、リアルタイムハザードマップの提供体制の構築、監視カメラや各種センサーによる情報伝達体制の整備等を実施しています。

リアルタイムハザードマップについて

 新たな火口からの噴火など想定と異なる現象が発生した場合でも、緊急に土砂災害の範囲を計算する「火山噴火リアルタイムハザードマップシステム」の運用を行っています。

ページの先頭に戻る