国土交通省について

(1)国土交通省の役割

 国土交通省は、国土の総合的かつ体系的な利用、開発および保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進、

気象業務の発展並びに海上の安全および治安の確保などを担う官庁です。

 中央省庁等改革の一環として、2001年1月6日に、旧4省庁(北海道開発庁、国土庁、運輸省及び建設省)を母体として設置されました。

 より良い行政サービスの提供を目指し、総合的な国土交通行政を展開していくこととしています。

ページの先頭に戻る