国土交通省 国土交通研究政策所 Policy Research Institute for Land, Infrastructure, Transport and Tourism

サイト内検索 English
 国土交通政策研究所は、国土交通省におけるシンクタンクとして、内部部局による企画・立案機能を支援するとともに、 政策研究の場の提供や研究成果の発信を通じ、国土交通分野における政策形成に幅広く寄与することを使命としています。
  

TOP研究成果調査研究成果報告書(年度別) > 報告書概要

 ● 報告書概要


 物流から生じるCO2排出量のディスクロージャーの今後のあり方に関する調査研究

◆要旨

 企業における物流から生じるCO2排出量の把握・算定・開示について、日本国内では省エネ法などの既存の算定・報告制度が定着してきている。本調査研究は、これを踏まえて、企業における物流から生じるCO2排出量の把握・算定・開示について、更なる自主的な取り組みとして、個別の会社単体から連結企業グループでの把握・算定・開示を目指し、海外物流を含め、サプライチェーン全体を捉えた物流から生じるCO2排出量の把握・算定・開示を促進させるための指針の策定を目指して実施された。
 具体的には、日本企業のグローバル化や、企業に対する環境情報の開示促進に関する世界的な動向を背景として、物流分野におけるCO2排出量の把握・算定・開示を促進することの重要性・意義・効果を確認し、CO2排出量の把握・算定・開示に関する国内外の様々な機関や企業における既存の取り組み状況を調査・整理し、整理した取り組みを参考として「物流から生じるCO2排出量のディスクロージャーに関する手引き」を策定した。
 また、手引き策定の過程で、手引きによる物流から生じるCO2排出量の把握・算定を支援することを目的として「物流CO2排出量簡易算定ツール」を作成し、手引きと合わせて広く普及を図った。
 

◆キーワード

物流、CO2、ディスクロージャー

◆発行

国土交通政策研究第105号/平成24年6月

◆在庫

<在庫有>(重量:460g厚さ:10mm) 報告書を郵送希望の方はこちら

◆詳細

詳細(PDF:7.3MB)

◆事後評価

内部評価シート(PDF:96KB)
有識者評価シート(PDF:164KB)