監督処分情報


1.処分を受けた建設業者に関する事項
商号または名称 株式会社丸建興業 代表者氏名 菅原 敬介
主たる営業所の所在地 東京都杉並区下井草三丁目2番1号
許可番号 東京都知事許可(般‐28)第40359号 許可を受けている建設業の種類
2.処分に関する事項
処分年月日 2018年05月24日 処分を行った者 東京都知事
根拠法令 建設業法第28条第1項(第3号該当)
処分の内容 (指示処分)

1 今回の違反行為の再発を防ぐことはもとより、今後の法令遵守体制を確立するため、少なく とも、以下の事項について必要な措置を講じること。 (1)今回の事件の内容及びこれに対する処分内容等について、役職員に速やかに周知徹底する こと。 (2)社内及び施工現場における安全管理体制のより一層の整備・強化を図ること。 (3)建設工事の安全確保に関する関係法令を遵守すること。 (4)職員に対する建設工事の安全施工に関する教育・指導の計画を作成し、継続的に実行する こと。 2 前項各号について講じた措置(貴社において前項に係る措置以外に講じた措置がある場合に はこれを含む。)を平成30年6月22日までに文書をもって報告すること。
処分の原因となった事実

株式会社丸建興業は国土交通省関東地方整備局から東京都大田区京浜島2丁目先にある京浜島地区共同溝補強その4工事を請け負った共立建設株式会社の1次下請負人として鋼矢板締切工事を施工する事業者、株式会社丸建興業の職長は、労働者を指揮監督し、その安全を管理する者であるが、同社職長は、株式会社丸建興業の業務に関し、平成27年5月26日、同工事現場において、移動式クレーンに係る作業を行う場合であって、ワイヤロープを用いて一箇所に玉掛けした荷がつり上げられているにも関わらず当該荷の下に労働者を立ち入らせ、もって機械、器具その他の設備による危険を防止するための必要な措置を講じなかった。  以上のことにより労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第20条及び、クレーン等安全規則(昭和47年労働省令第34号)第74条の2に違反し、丸建興業株式会社及び同社職長が罰金刑に処せられたことが建設業法(昭和24年5月24日法律第100号)第28条第1項第3号の他法令違反に該当する。
その他参考となる事項