監督処分情報


1.処分を受けた建設業者に関する事項
商号または名称 株式会社大石建設 代表者氏名 大石 広宣
主たる営業所の所在地 千葉県八街市吉倉625番地5
許可番号 千葉県知事(般?27)第46492号 許可を受けている建設業の種類 と、鋼
2.処分に関する事項
処分年月日 2019年04月18日 処分を行った者 千葉県知事
根拠法令 建設業法第28条第1項(第3号該当)
処分の内容 (指示処分)

(1)法令違反の再発を防ぐため、次の事項について必要な措置を講じること。
?今回の違反内容及びこれに対する処分内容について、職員に速やかに周知徹底するとともに、今後同様の違反行為を繰り返さないように社内体制を整備すること。
?建設業法及びその他の関係法令を遵守し、適正に業務を行うこと。
(2)上記(1)?及び?について講じた措置(その他講じた措置がある場合はこれを含む。)を30日以内に文書をもって報告すること。
処分の原因となった事実

株式会社大石建設(以下「大石建設」という。)代表取締役大石広宣は、下記1及び2の事故に関して、事故後、労働安全衛生法に基づき、遅滞なく現場を管轄する船橋労働基準監督署長に報告書を提出しなければならないのに、平成29年9月11日まで同法で定める報告をしなかった。
当該事実に基づき、労働安全衛生法違反により、千葉簡易裁判所から同社及び同代表取締役がともに罰金20万円の刑に処せられ、平成30年5月10日にその刑が確定した。
このことは、法第28条第1項第3号に該当すると認められる。

1 平成27年7月29日、大石建設が請け負った、千葉県習志野市都市計画事業JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業地内14街区に所在するマンション新築工事現場において、大石建設の労働者は、コンクリート製部材の荷解き作業に従事していた際、崩れた同部材が同人の右足に接触して右下腿挫創の傷害を負い、4日以上休業した。
2 平成27年8月19日、大石建設が請け負った、千葉県習志野市JR津田沼駅南口特定土地区画整理事業区域内12街区1画に所在するマンション新築工事現場において、大石建設の労働者は、足場の解体作業に従事していた際、約9メートル下の地面に墜落して左肋骨多発骨折等の傷害を負い、4日以上休業した。
その他参考となる事項