監督処分情報


1.処分を受けた建設業者に関する事項
商号または名称 有限会社斉藤圧送 代表者氏名 齊藤 直見
主たる営業所の所在地 山梨県笛吹市境川町藤垈3152番地
許可番号 山梨県知事(般-25)第8768号 許可を受けている建設業の種類
2.処分に関する事項
処分年月日 2019年06月19日 処分を行った者 山梨県知事
根拠法令 建設業法第28条第1項(第3号該当)
処分の内容 (指示処分)

建設業法第28条第1項に基づく指示
1 今回の事件の再発を防ぐため、少なくとも、以下の事項について必要な措置を講じること。
(1)建設工事の安全確保に関する関係法令を遵守すること。
(2)社内及び施工現場における安全管理体制のより一層の整備・強化を図ること。
(3)職員に対する建設工事の安全施工に関する教育・指導の計画を作成し、継続的に実行すること。
(4)今回の事件の内容及びこれに対する処分内容等について、役職員に速やかに周知徹底すること。
2 前項各号について講じた措置(同社において前項に係る措置以外に講じた措置がある場合にはこれを含む。)を速やかに文書をもって報告すること。
処分の原因となった事実

有限会社斉藤圧送は、法定の除外事由なく、同社所有の動力を用い不特定の場所に自走することができるコンクリートポンプ車(登録番号:山梨800さ5569)について、平成28年2月25日から1年以内に、その使用する労働者で厚生労働省令で定める資格を有するもの又は法定の検査業者に特定自主検査を実施させなければならないのに、平成29年2月24日までにその検査を実施させなかったもの。平成29年9月23日、同会社の労働者が同車を使用してコンクリートの打設作業を行っていたところ、同車の第1ブーム端部が破断し、その破断に伴って第3ブームの端部に取り付けられていたホースガイドが同労働者の頭部に落下し、脳挫傷・脊椎損傷等を負った。 このことにより、同社は、平成30年6月16日、労働安全衛生法違反により、甲府簡易裁判所から罰金刑の略式命令を受け、その刑が確定している。 このことは、建設業法第28条第1項第3号に該当すると認められる。
その他参考となる事項

山梨労働局からの通報