公共交通政策

データ整備の意義と効果(2019年3月)

 全国でバスを運行・管理している事業者は多数に及び、バス情報に関するデータの整備状況も事業者によって千差万別です。
 ここでは、「標準的なバス情報フォーマット」でバス事業者がデータ整備するメリットや、経路検索サービスにバス情報が掲載される効果などについてわかりやすく紹介しています。
 また、全国における先進的な取組事例に関する資料を作成しました。
 主に企画立案段階に参照する資料です。


○「標準的なバス情報フォーマット」ダイジェスト (2019年3月27日)

○はじめよう!「標準的なバス情報フォーマット」 (2019年3月27日)

○バスデータの整備・活用事例 (2019年3月27日)

ページの先頭に戻る