技術調査

建設現場の生産性を向上する革新的技術の評価結果を公表します~建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト~

「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」において現場での試行実施を採択された29件の技術について、現場での試行を行い、試行結果を評価しましたのでその結果を公表します。

 国土交通省では、建設現場の生産性向上を目指すi-Constructionと、統合イノベーション戦略(H30.6.15閣議決定) を受け、
平成30年度より「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に取り組んでいます。
 公共土木工事において、革新的技術により施工データ等のリアルタイム取得・解析を試行し、建設現場の 飛躍的な生産性向上
を目指すことを目的に、2つの対象技術を設定し、令和3年5月から令和3年6月にかけ技術の公募を行いました。
 この度、現場で試行を実施した29件の技術について「データ 活用による建設現場の生産性向上ワーキンググループ」において
試行結果を評価しましたのでその結果を公表します。
 

  • 令和2年度 国土交通省 国土技術研究会
  • NETIS
  • 建設技術研究開発助成制度
  • ユニットプライス関連情報

ページの先頭に戻る