国際・デジタル

タイ・バンコクにてTOD(公共交通指向型開発)フォーラムを開催します!

印刷用ページ

日本の都市開発手法であるTODを通じて、都市開発や不動産開発の技術・ノウハウを有する我が国企業の海外展開の更なる促進や、クルンテープ・アピワット中央駅周辺都市開発事業(バンスー地区)をはじめ、市場規模があり将来の発展が見込まれるタイとの連携強化を目的に、日タイの産学官に参加頂きます。
令和6年5月20日
●TOD フォーラム
【 日 時 】2024年6月19日(水)10:00~15:00 ICT(予定)
【 会 場 】The Okura Prestige Bangkok- Bangkok, Thailand
【 主 催 】 国土交通省都市局、UR都市機構
【 言 語 】 日本語、タイ語(一部英語)

【 参 加 】 タイ側:タイ運輸省(MOT)、タイ国有鉄道(SRT)、バンコク都、不動産企業、チュラロンコン大学等
        日本側:国土交通省、UR都市機構、在タイ日本国大使館、不動産・スマートシティ企業、東京大学等

●概 要

[1]基調講演・プレゼンテーションの実施
両政府の高官等による基調講演及び、参加企業による都市開発プロジェクト等に関するプレゼンテーションを実施します。

[2]パネルディスカッションの実施
両政府の高官等による有識者によるTODに関するパネルディスカッションを実施します。


※TOD(Transit Oriented Development)とは
TODとは、都市化の進展に対応するため、都心部のターミナル駅開発と相まって、郊外の都市開発と鉄道の一体整備を目指した公共交通の利用を前提とした開発モデルのことです。
日本で初めて鉄道が敷設された1872 年以降、鉄道網の発展と共にTOD 型の都市整備が進められ、今日の都市の骨格が形成されてきました。1993 年に米国の都市計画家ピーター・カルソープが、自動車脱却社会を目指し公共交通を指向する都市づくりを提唱したことで、TOD の概念が広まることとなりました。

添付資料

お問い合わせ先

国土交通省都市局国際・デジタル政策課堀江、上野、遠藤
電話 :(03)5253-8111(内線32212、32213、32216)
直通 : (03)5253-8955

ページの先頭に戻る